「iOS 17」以降バッテリー消費が超絶悪化、iPhone 13は3割減のパフォーマンスで12も過去最悪を更新



今月配信された「iOS 17」を適用したiPhoneのバッテリー消費が悪くなっていることが明らかになりました。

特に新しい機種ほど大きく影響を受けてしまっているようです。詳細は以下から。

YouTubeチャンネル「iAppleBytes」が行ったテストによると、「iOS 17.0.1」を適用した端末のバッテリースコアが大きく低下しているそうです。

iAppleBytesではiOSが更新される度に複数のiPhoneを用いてデータをとっていますが、iOS 17.0.1適用後はなんとiPhone 13のスコアが4100にまで減少。これは記録上最高スコアをたたき出していた「iOS 15.0.2」に比べ7割程の数値です


さらに、「iPhone 12」もiOS 17時点で過去最悪のスコアに下落し、iOS 17.0.1では持ち直すどころかより悪化していることがわかります。



以前お伝えしたところ、かなりの反響があった「iOS 16.4.1」時点を大きく下回る結果となってしまったiOS 17。

iOS 16.4.1の際にも「バッテリー消費が目に見えて早くなった」といった声が挙げられていましたが、今回の件はユーザーの利便性にどれほどの影響を与えてしまうのでしょうか。

・関連記事
iPhone 17 Pro向け「Apple A19」開発に着手、圧倒的な処理能力と低消費電力を実現する2nmプロセスでAndroidスマホを再び周回遅れの悪夢に | Buzzap!

「借金してでもiPhone 15を買う」「Androidユーザーは貧乏人」消費者意識の調査レポート、とんでもない結果に | Buzzap!

「中国政府がiPhone禁止」でApple時価総額31兆円消滅、ファーウェイと競争激化で2000万台販売減も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)