「iPhone 15」iOS 17.1でも多数のバグ放置か、Wi-Fi速度低下や夜間シャットダウンなど修正の見通し立たず


「iPhone 15 Pro」で本体の異常発熱や画面の焼き付きなどが発生し、OSアップデートでの対応を続けているApple。

しかしスマホでは致命的とも言える通信の問題が先送りになってしまっているようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、次期の「iOS17.1」アップデートには現在発生している多数のバグの対応が含まれていないそうです。

これは現在公開されているiOS 17.1の最終ベータ版から明らかになったもの。

主にiPhone 15において「Wi-Fiに接続すると通信速度が非常に遅くなる」もしくは「数十秒おきに切断される」というバグが多数確認されているものの、アップデートの修正内容に含まれていなかったとのこと。

また、海外メディアの報道によると、主にiOS 17.0.3以降のiPhone 15で報告されている「夜間に突然シャットダウンまたは再起動してしまう」というバグが、同様にiOS17.1では修正されない見込みとしています。

Wi-Fi接続の問題はAppleの公式フォーラムでも現在までに290件以上の返信が付くなど深刻な問題になっている状況。

突然のシャットダウンも海外掲示板「Reddit」で複数の例が報告され、夜間の緊急通報や朝のアラーム、通知などを逃すおそれがあるとしているものの、どちらの問題もAppleからの回答はなく、いつ修正されるかも不明です。

発売から1ヶ月が経とうとしているものの改善の見込みがなく、決して安くない買い物で不具合に見舞われることになったユーザーは引き続き苦難が続くことになりそうです。

・関連記事
【不具合】「iPhone 15 Pro Maxの画面が焼き付いた」発売1ヶ月足らずで有機ELディスプレイに関する報告が相次ぐ事態に | Buzzap!

「借金してでもiPhone 15を買う」「Androidユーザーは貧乏人」消費者意識の調査レポート、とんでもない結果に | Buzzap!

【朗報】「iPhone 15 Pro」修理費用が1/3に大幅値下げ、型落ちのiPhone 14 Proを買うと損する事態に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]