新型「iPhone SE(第4世代)」やはりiPhone 14ベースか、6.1インチ有機ELに大容量バッテリーやアクションボタン追加など桁違いに進化


大型化するのは間違いなさそうなものの、iPhone 16ベースになるなど情報が交錯していた新型「iPhone SE(第4世代)」の仕様ですが、ついに有力そうな情報がもたらされました。詳細は以下から。

海外メディア「91Mobiles」の報道によると、iPhone SE(第4世代)はiPhone 14に似た形になるそうです。

これは独自に入手したというレンダリング画像で明らかになったもの。

見た目はこんな感じ。iPhone 14と同じノッチサイズで6.1インチの画面とFace IDモジュールを備えるとされていますが、「Dynamic Island」は非採用のようです。

全体の寸法は147.7x71.5x7.7mm。背面カメラは1つで、端子はType-Cであることが確認できます。

91Mobilesは過去に「iPhone 13 Pro」や「iPhone 14 Pro」の正確なレンダリング画像をリークした実績もあるため、ある程度は信頼できると思われる今回の報道。

また、同じくiPhone 14ベースになると主張するMacRumorsの報道を裏付けるものでもあるため、有機ELの採用やバッテリーの大型化(2018mAhから3279mAhへ)、アクションボタン搭載の期待も高まりました。

小型モデルを期待していたユーザーにとっては残念な結果になりそうですが、時代に合った廉価版スマホとして多くの需要を獲得することになりそうです。

・関連記事
新型「iPhone SE(第4世代)」難航はAppleの『えげつない値切り』が原因か、コスト削減で有機ELパネルの要求価格とんでもない額に | Buzzap!

「iPhone 16」全機種にApple A18搭載で『無印は型落ち』差別化は廃止へ、新型iPad ProやiPad Air、iPad miniのプロセッサも明らかに | Buzzap!

【朗報】「iOS 18」アップデート打ち切りなしでiPhone XS/XRも対象か、ただし「iPad(第7世代)」は異例の早期サポート終了に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]