【悲報】廉価版「Pixel 8a」大幅値上げへ、Tensor G3搭載で一気に高性能化も『格安スマホ』からどんどん遠ざかる形に


まもなく発売されるGoogleの廉価版スマホ最新モデルに、少し気になる情報です。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、4~5月にも発売されるとみられる「Pixel 8a」は値上がりが避けられないそうです。

これは小売業者が明かしたもので「Pixel 7a」の販売価格が499ユーロだったのに対して、Pixel 8aは128GBモデルが569.90ユーロ、256GBモデルは630ユーロになるとのこと。

いずれもあくまで暫定的な額とされていますが、情報通りであれば70ユーロ(約1万1400円)ほど値上がりすることになります。

1ドル150円にまで円安が進んだ影響で、昨年11月に6万2700円から6万9300円まで値上がりしたPixel 7a。

今なお円安のまま為替に変動はないことを踏まえると、Pixel 8aは8万円を超える価格設定となりそうです……。

・関連記事
「Galaxy A55」6.6インチに大型化、AI強化や5年間のアップデート保証など充実の内容でPixel 8aに対抗へ | Buzzap!

「Pixel Fold 2」はPixel 9と同時発売か、Tensor G4や16GBメモリ、超高速ストレージ搭載で『いきなり型落ち性能』回避へ | Buzzap!

【発熱問題】Pixel 6 Proついに集団訴訟に、Googleが「不具合を把握の上で販売した」と糾弾される | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]