「折りたたみiPhone」サムスンとアップル協力で実現へ、高耐久でシワもなく超薄型の高品質ディスプレイ完成か



「開発中である」「求める品質を満たせず頓挫した」「開発は中止された」

などなど情報の錯綜していたAppleの折りたたみ式iPhoneについて、ついに決定的な動きがあったようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、AppleがSamsung Displayと折りたたみ式デバイス開発に関する協定を締結したそうです。

AppleはSamsungの折りたたみディスプレイについて、「求める耐久性を満たしていない」「iPhoneの半分の厚さ」「シワのない完全に滑らかな折り目」を実現できないと酷評していました。

しかし一転して提携に踏み切った背景には、折りたたみに一定のニーズがあることや、技術面でのメドが立った可能性があると考えられます。

なお、もう一つ挙げられるのがiPhoneやiPadほど頻繁に開閉を必要とせず、耐久性が強く求められない「キーボードまで全部ディスプレイのMacBook」に注力する可能性。

一体どのような形に落ち着くのかが気になるところですが、新型iPad ProやiPhone 16 Pro Maxが大画面化する傾向を踏まえても、Appleユーザーの大画面への需要は決して少なくないようです。

・関連記事
新型「Apple Vision Pro」開発見送りか、出荷台数も市場予測の半分に大幅削減 | Buzzap!

薄型特化の新モデル「iPhone 17 Slim」登場か、ついにPlusシリーズお役御免も大画面路線は継続へ | Buzzap!

「二束三文の超格安iPhoneが必要」iPhone 15失速やApple Car頓挫などの穴埋めで『がらくた市場』参入やむなしに | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)