iPhone 15見送り必須に、iPhone 16「全モデルにApple A18搭載」で無印のプロセッサが一気に2世代も進化へ


「iPhone 16発売に合わせて、安くなったiPhone 15を買おう」と思っているのであれば、やめておいたほうが良さそうです。詳細は以下から。

老舗Apple系ニュースサイト「MacRumors」の報道によると、iPhone 16には無印/Pro問わず全モデルで同じプロセッサが搭載されるそうです。

これはエンジニアが解析したことで判明したもの。

Appleはかねてからプロセッサをベースにした識別子をiPhoneに付与しており、Apple A17 Pro搭載のiPhone 15 ProおよびiPhone 15 Pro Maxの場合「iPhone 16,1」「iPhone 16,2」になるとのこと。

そしてiPhone 16シリーズについては「iPhone 17,1」「iPhone 17,2」「iPhone 17,3」「iPhone 17,4」が付与されているため、すべてのモデルがApple A18搭載ということになります。

「無印のみGPUのコア数が少ないApple A18、ProはApple A18 Pro」といった制約こそ課される見込みではあるものの、「無印は1世代型落ち」という差別化が解消されることで、一気に2世代進化するiPhone 16のプロセッサ。

つまりiPhone 16がありえないほど値上がりしない限り、iPhone 15は買うべきでないわけです。

iPhone 15:Apple A16
iPhone 16:Apple A18

iOS 18で実装される「Apple Intelligence」機能を動作させるために高性能なプロセッサが必要なことが背景として挙げられている今回の方針転換。3月にはプロセッサの製造コストが影響していることも報じられていました。

しかしAppleは差別化をあきらめたわけでなく、超狭額縁化によって「Proだけ本体サイズそのまま画面が大型化(Proは6.1→6.3インチ、Pro Maxは6.7→6.9インチ)」という新たな違いを生み出すとみられています。

・関連記事
「二束三文の超格安iPhoneが必要」iPhone 15失速やApple Car頓挫などの穴埋めで『がらくた市場』参入やむなしに | Buzzap!

iPhone 16 Pro Max「バッテリーを自分で交換可能」に、放熱性能向上で長寿命化などメリット盛りだくさん | Buzzap!

「iPhone 16 Pro」6.3インチに大型化へ、6.9インチのiPhone 16 Pro Max登場など『ディスプレイのサイズまで差別化』のため極薄ベゼルほか新技術を採用か | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]