気が付けば価格3倍、メーカー淘汰でメモリ(DRAM)の値上がりが異常事態に

このエントリーをはてなブックマークに追加

エルピーダがマイクロン傘下になり、台湾勢が相次いで撤退するなど、淘汰が進んだ結果Samsungやマイクロン、Hynixの3社体制となったDRAM業界。 誰も黒字を出せなかった泥仕合からようやく各社が抜け出しつつあるわけですが、その影響が恐ろしい数字となって表れています。 (さらに…)(続きを読む...)