気が付けば価格3倍、メーカー淘汰でメモリ(DRAM)の値上がりが異常事態に



エルピーダがマイクロン傘下になり、台湾勢が相次いで撤退するなど、淘汰が進んだ結果Samsungやマイクロン、Hynixの3社体制となったDRAM業界。

誰も黒字を出せなかった泥仕合からようやく各社が抜け出しつつあるわけですが、その影響が恐ろしい数字となって表れています。

大手価格情報サイト「価格.com」のDRAM(パソコン用メモリ)ページでは、価格の推移がとんでもないことになっているのが良く分かります。

まずは一番人気の8GB(4GB×2枚)メモリ。2012年末には2700円台でしたが、幾度かの急上昇を経て、今年3月には約3.4倍の9200円台にまで高騰。直近でも8700円と、高い水準であることは変わりません。

価格.com - CFD W3U1600HQ-4G [DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組] 価格推移グラフ


同じく2012年末には5500円台だった16GB(8GB×2枚)メモリも、今年4月には1万7000円超えにまで高騰。

価格.com - CFD W3U1600HQ-8G [DDR3 PC3-12800 8GB 2枚組] 価格推移グラフ


他のメーカー製の16GB(8GB×2枚)メモリも、4700円台から1万5000円を超えているため、値上がりはメモリ全体であることが分かります。

価格.com - Silicon Power SP016GBSTU160N22 [SODIMM DDR3 PC3-12800 8GB 2枚組] 価格推移グラフ


過当競争ですべてのメーカーが赤字を垂れ流す構図はDRAMにとどまらず、液晶テレビなどでも見受けられますが、同様の事態に陥っている他の業界でもいずれメーカーの淘汰が進み、驚くほど製品が値上がりすることになるのでしょうか……?

・関連記事
通話定額を強制する携帯各社の新料金プラン、実はバカ高くありませんか? | BUZZAP!(バザップ!)

SIMロック解除義務化が正式決定、スマホ本体が値上がりする可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

人気のXperiaも選び放題、格安MVNO「mineo(マイネオ)」で使える白ロムが破格で販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

7GB使えて本体代込み月額1980円、ウィルコムの格安スマホに潜む大きな罠 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. 【大人気】Core i7搭載で競合の半額な「NVISEN MU02」まさかの値下げ、ゲームもできる高性能GPUでデュアル4K対応の格安ハイエンドPCに
  2. Core i7搭載の格安ハイエンドPC「NVISEN FU01」大幅値下げ、ゲームも遊べてトリプル4K対応の超小型モデルに
  3. ソニーが「人型ロボット」製造技術を保有していることが明らかに、需要次第で即座に量産へ
  4. 【過去最安】最強ポータブル電源「Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh)」ぶっちぎりの安値に、ドライヤーも使える大容量・大出力で約6倍の長寿命も
  5. 超格安の高性能パソコン「TRIGKEY Speed S」大幅値下げ、安心の16GBメモリ搭載で実用性は十分

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング