新開発の「世界一黒い物質」がブラックホール並に黒すぎると話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加



イギリスの企業が開発した世界一黒い物質が画像で見るだけでもとんでもなく黒いと話題になっています。詳細は以下から。

イギリスの企業サリー・ナノシステムズ社が開発したのはヴェンタブラックと名付けられた物質。現在ロンドン郊外のファーンボロー国際航空ショーに出展されて話題になっています。そのあまりの黒さはまるでブラックホールのようで、覆われた物体の形状を人間の目で見分けることができないレベル。

ヴェンタブラックはカーボンナノチューブからできており、アルミホイル上で生成されます。黒い塗料などの通常の黒色では光の吸収率は95~98%ですが、このヴェンタブラックはなんと99.96%を吸収してしまい、ホイルだけの時には見える表面のシワも全く識別できなくなります。


用途としてはカメラや望遠鏡、赤外線検知器などの不要な光を抑制することが性能向上に繋がる各種機器で、兵器産業や宇宙産業からも注目されているとのこと。開発にはイギリス政府の技術戦略委員会の助成も受けていました。

画像を見るだけでもとんでもない黒さであることが分かります。多くの活用法が見込めるだけに平和利用されることが期待されます。

It’s like staring ‘into a black hole’ World’s darkest material will be used to make very stealthy aircraft, better telescopes ExtremeTech

CNN.co.jp 「世界一黒い物質」、英企業が開発 - (1 2)

暗黒物質とは何か 宇宙創成の謎に挑む (幻冬舎新書)
鈴木 洋一郎
幻冬舎
売り上げランキング: 149,175

・関連記事
世界で最も「グラムあたりの単価」が高い物質ベスト16 BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが感情・心を持ったロボット「pepper」を開発 BUZZAP!(バザップ!)

6人にひとりがロボットとセックスしてもよいと考えている事が判明 BUZZAP!(バザップ!)

絶対に見つけられない、自然の中に姿を隠した現役スナイパーたちの写真集 BUZZAP!(バザップ!)

無人攻撃機からの生き延びるための超実用的ガイドブックが登場 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加