頭で考えるだけで小型無人ヘリを操縦できる技術をミネソタ大学が開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

BUZZAP!では以前サイコミュのように無人ヘリを動かす中国の技術を紹介しましたが、アメリカでも同様の研究が進んでいます。使い方次第で医療にも軍事にも大きな変化を生み出しそうです。

ミネソタ大学の生体医用工学のBin He教授が開発したのは、脳波を使って機械を動かすブレイン・マシン・インタフェース。動画では若い学生が小型無人ヘリのクアドロコプターを操縦し、上昇、下降、転回を行い、風船で作られた輪を潜らせたりもしています。

Bin He教授によると、この技術によって脳波で義肢や車椅子を動かしたり、文章を読み上げたりするなど、障がいなどで失われた機能を補完できる可能性があるとのこと。しかも、チップを脳内に埋め込む手術など必要はなく、専用のヘッドギアを被るだけで使用可能となります。

Mind Over Mechanics – YouTube

もちろん、この技術は動画にあるクアドロコプターを始め、軍事目的にも転用可能。攻殻機動隊の「義体」が現実のものとなる可能性もあります。

越境する脳: ブレイン・マシン・インターフェースの最前線
ミゲル・ニコレリス
早川書房
売り上げランキング: 343,016
ブレイン・マシン・インタフェース―脳と機械をつなぐ
オーム社
売り上げランキング: 662,681

・関連記事
まさにサイコミュ?脳波で無人ヘリを操作できるシステムが中国で開発される BUZZAP!(バザップ!)

3Dプリントで虫や藻から食料を作る技術をNASAが開発中 BUZZAP!(バザップ!)

飛行機にも持ち込めちゃう?世界初の3Dプリントで作ったプラスチック製の銃がすごい! BUZZAP!(バザップ!)

19歳の少年が考案した、世界の海から725万トンのプラスチックを除去できる装置「Ocean Cleanup Array」 BUZZAP!(バザップ!)

iPS細胞から赤血球が作製可能に、輸血用血液の大量生産を目指す BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加