利他性こそが人類の文明社会が生き残る唯一の道であるという研究報告

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by @Doug88888

自分の利益を第一に考える人間と、他人に分前を気前よく渡す人間。目指すべきはどちらなのでしょうか?人類規模で考えた時、これまでとは真逆の結果がもたらされました。

科学者たちの新しい研究によると、私たち人類の文明社会がこれから生き延びてゆくためには利己的になるのではなく、チームワークを重んじ、利他的に振る舞う必要があるとのことです。利己的な人間は短期的にはより大きな利益を得られますが、長いスパンで考えると損をしてしまいます。

この研究で使われた「囚人のジレンマ」というゲームでは、プレイヤーが2人の場合は利己的な人間が最終的に特をすることが明らかになっていましたが、それを全人類規模で実験してみたところ、全く逆の結果が導き出されました。

ペンシルヴァニア大学生物学部の研究者、Alexander J. StewartさんとJoshua B. Plotkinさんが大人数をプレイヤーとし、世代を超えて囚人のジレンマの実験を実施。その結果によると2人だけの時とは違い、気前の良さ、寛大さといった利他的な要素がより成功を得られる戦略になりました。

理由としては、2人でのプレイの時は一方の利己的な決定がそのプレイヤーの最高の結果を保証しますが、プレイヤーが複数になり、しかも世代を超えて繰り返しゲームが行われる場合には、相手が仕返しに利己的な決定をした場合などでは最初の成功が相殺され、結果的に誰も勝利を収められなくなります。

また、プレイヤー全員が協調的で利他的に舞うと、その利他性は世代を追うごとに拡大してゆき、例え何らかの犠牲を払ったとしても誰もに成功のチャンスが与えられます。なお、この利他性は寛大さ、赦しとも対になっており、誰かが間違いを犯した時に復讐をするのではなく寛大に接する必要もあるとのこと。

こうした、他者に対して利他的な生存戦略は「zero determinant戦略」と呼ばれ、他者から自分の利益のために略奪を行うような利己的な戦略全般とは区別されます。

Photo by Richard IJzermans

StewartさんとPlotkinさんの実験では人類の全人口を母数として実験を行い、より成功した戦略の個体が子孫を残せるように設定しました。この実験の中では、利己的な戦略のプレイヤーは同様の利己的なプレイヤーとの間では上記のような理由からうまく機能しませんでした。

一方、利己的なプレイヤーの中には利他的な戦略を思いつくものもありました。利他的であることはプレイヤーが2人であれば愚かしい戦略ですが、多くのプレイヤーが利他的に振る舞うことで、全員が他者の利他性から利益を引き出すことになり、結果的に自分を利する手段となったのです。

利他的なプレイヤーは、より敵対者と協力的に振る舞う傾向があるのですが、もしそのように振る舞わなければ、長い目で見ると敵対者が行う略奪よりも多くの損害をこうむる事になりました。また、寛大さはここでも重要で、プレイヤーが離反者と遭遇した時には多少の罰を与えたとしても後には再び協調するようになりました。

StewartさんとPlotkinさんはこのシミュレーションから数学的な公式を作り上げ、利他的な戦略が「全人口型囚人のジレンマ」で最も優秀な戦略であるだけでなく、唯一離反者に対抗し長期間にわたって生存できる戦略であることを明らかにしました。

「私たちの研究は利己的な戦略は進化の中では生き残れず、利他的な戦略のみが強固に存在しうることを示しました。人類の利他的な行動は本能的なもので、実に多くの心理学の文献が示しているように、人々の幸せの源泉となるものです。

この発見は抽象的ですが、自然の中のダーウィニズムの適者生存に反するように見える利他性を説明しています。人類だけではなく社会性昆虫も、バクテリアやウィルスさえも遺伝子産物を共有し、利他性としか表現できないような振る舞いをします。

進化の中では、協調性を促進するような集団はより発展します。そして協調性を長期間にわたって維持させるのは利他性なのです」

2000年以上昔から仏陀やキリストによって説かれてきた利他心、赦し、執着からの解脱などの宗教的な徳が論理的に見ても正しい姿勢だったということが明らかになったとも言えます。

他者を蹴落とし、自分だけがより多くの利益を得ようとする資本主義的な考え方の行き詰まりや限界を考える時に非常に重要な示唆を与えることになりそうです。

(Photos by @Doug88888, IJzermans

ls ‘survival of the fittest’ finished Scientists ‘prove’ that generosity – not selfishness – is the only way modern civilisation can survive Mail Online

「利他」 人は人のために生きる
瀬戸内 寂聴 稲盛 和夫
小学館
売り上げランキング: 35,767
利他性の人間学―実験社会心理学からの回答
チャールズ・ダニエル バトソン
新曜社
売り上げランキング: 122,899

・関連記事
人はなぜ許し、忘れるべきなのか BUZZAP!(バザップ!)

つらい記憶を癒すには、眠って夢を見るといい BUZZAP!(バザップ!)

LSDは実は精神の健康にとって有益かもしれません BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加