サイバーパンクとのどかな田舎が交じり合うSimon Stalenhagの風景画

このエントリーをはてなブックマークに追加



機械文明が発達しても田舎の風景が消えるわけではありません。でもこれらがまるで日常のように出会う時、とても不思議な風景がそこには生まれます。

スウェーデンのアーティストSimon Stalenhagさんが作成した一連の風景がシリーズでは、現代や近過去ののどかな田舎の風景に、未来的な機械文明の建造物やロボット、恐竜までもがミックスされています。

不思議にアンバランスな印象を受ける反面、のどかなままの田舎の風景と最新テクノロジーの同居は全く普通に起こり得ること。30年前の人が現代の田舎の風景を見た時、この絵画を私たちが見る時と似たような印象を受けるのかもしれません。

















彼の絵画のプリントは以下リンクから購入可能となっています。

Simon Stalenhag Redbubble

もしこの舞台が日本だったらどんな風景になるのでしょうか。

ゲームシナリオのためのSF事典 知っておきたい科学技術・宇宙・お約束110 (NEXT CREATOR)
クロノスケープ
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 5,594

・関連記事
バーニング・マン2013を無人小型ヘリから撮影した映像が完全に別世界 BUZZAP!(バザップ!)

昼と夜の景色を同時に写しとったコラージュ写真シリーズ「Time is a Dimention」 BUZZAP!(バザップ!)

シムシティどころではない、半世紀に渡って2600枚の地図を描いて架空の世界を創造してきた男 BUZZAP!(バザップ!)

夢の中で見た不思議な異世界を具現化したこの上なく幻想的なグラフィック作品 BUZZAP!(バザップ!)

あまりにサイケデリックに美しい都市構造体の万華鏡タイムラプスムービー BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加