抱き合わせに潜む罠、スマートフォンを購入するときの注意点まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社からiPhone 5s/5cの発売が決まり、これを機に機種変更やフィーチャーフォンから乗り換えてみようと考えている人も少なくないと思われますが、「安くなるから」「必要だから」として、本来必要無いはずのものまで買わされ、高額請求に悩まされてしまうケースが後を絶ちません。

そこで今回はスマートフォンを購入する際の注意点をまとめてみました。詳細は以下から。

◆知っておきたい「実質価格」「本体価格」の意味
容量の小さい16GBモデルを中心に、携帯各社がiPhone 5s/5cを「実質0円」で販売することを表明していますが、ちゃんと理解しておきたいのが「実質価格」の意味。

スマートフォンは本来決して安いものではなく、携帯電話各社は高価な本体代金を24ヶ月分割で支払うように設定し、一方でパケット定額プランを契約しているユーザーに対して24ヶ月間特別割引を提供しており、分割した端末代と特別割引を差し引くことで「実質価格」が成り立っています。

<KDDI、ソフトバンクモバイル版iPhone 5s(16GB)の場合>
6万8040円÷24ヶ月(月額2835円)-「毎月割」「月月割」2835円×24ヶ月間=実質0円


なお、携帯電話を24ヶ月以内に中途解約するようなことがあれば、その時点で毎月の特別割引が失われ、残った端末代金が「残債」として発生し、支払う必要があるわけですが、ここで問題となるのが「端末の本体価格」。実質価格が最も安いNTTドコモ版iPhoneの本体価格は他社よりも圧倒的に高いのが現状です。

<iPhone 5s本体価格>
16GB:ドコモ版9万5760円、KDDI・ソフトバンク版6万8040円
32GB:ドコモ版9万5760円、KDDI・ソフトバンク版7万8120円
64GB:ドコモ版9万5760円、KDDI・ソフトバンク版8万8200円


仮にiPhone 5sの16GBモデルを12ヶ月で解約した場合、ドコモ版だと1万円以上高くなります。

<利用12ヶ月で中途解約時の残債>
NTTドコモ:9万5760円-月々サポート3990円×12ヶ月間=4万7880円
KDDI、ソフトバンク:6万8040円-毎月割、月々割2835円×12ヶ月間=3万4020円


中途解約時の残債が高くなるようにすることで解約を抑えるための施策だと思われますが、何らかの理由で機種変更せざるを得なくなった場合などのことを考えると、本体価格に気を配っておくのは良いことかもしれません。

◆「タダより高いものはない」フォトフレームや子ども向けケータイ
そしてスマートフォンを購入する際に気を付けるべきなのが「通信機能付きフォトフレーム」や「子ども向け携帯電話」といった機器の抱き合わせ販売。

携帯電話会社は契約数を稼ぐため、これらの機器を契約させることを推進しており、販売店のスタッフが「本体無料」「基本使用料無料」をうたって薦めてくるケースや、本体価格割引の条件として契約させられるケースがあります。

家電量販店での抱き合わせ販売の様子(読者提供)。ソフトバンクの場合、MNPに加え、今年1月に累計販売台数300万台を突破した「PhotoVision」「みまもりケータイ」契約を条件に割引を行っています。


「みまもりGPS」が対象になる場合もあるようです。


「本体も基本使用料も無料なのであれば……」と、つい契約してしまいそうになりますが、問題なのは本当の意味でタダというわけではないところ。24ヶ月以内に解約した場合、これらの機種1台ごとに1万円程度の高額な違約金が発生します。

さらに2年経過後は基本使用料が発生するという点にも注意が必要。いつの間にか基本使用料が課金されていることに気がついた時は、もう次の更新月まで月額基本使用料を払い続けるか、1万円近い契約解除料を支払って解約するしかなく、まさに「地雷」となりかねないため、注意が必要です。

◆モバイルWi-Fiルーターが悪質な売られ方をするケースも
抱き合わせ販売されるものの中で、ある意味悪質なのがモバイルWi-Fiルーター。国民生活センターに寄せられた消費者の相談によれば、あまり知識の無いユーザーに対し、まるでスマートフォンを利用する際に必須であるかのような口調で説明され、契約してしまったケースも存在します。

携帯電話ショップでスマートフォンの契約をした際、「家に無線 LAN があるか」と聞かれた。「分からない」と答えると、モバイルデータ通信の契約を勧められた。「これがなければ外で使用できないし、インターネットもつながらない。またこれがあれば使えるアプリも豊富になる」等と言われたので無線 LAN ルーターと通信契約を契約した。

しかし、家には無線 LAN があり、スマートフォンだけでインターネットにつなぐことができたので、店に解約したいと連絡したところ、「解約料 9,000 円が必要。ルーターも買い取りになるため、今後 400 円を 25 カ月払わなければいけない」と言う。携帯電話会社本社に連絡したが、店と話をするよう言われた。本当に払わなければいけないのか。


もちろん「スマートフォン単体だとインターネットができない」ということはありませんが、BUZZAP編集部で関係者に話を聞いたところ、一部の販売店では携帯電話会社からの報奨金目当てに、「iPhoneにはルーターも」といった形で積極的に販売するよう店舗スタッフが指示される場合もあるとのこと。また、品薄の人気モデルを利用した抱き合わせ販売が行われることもあるようです。

◆SDカード、アクセサリなどを抱き合わせる例も
フォトフレームや子ども向け携帯電話、モバイルWi-Fiルーターと、抱き合わせ販売される通信機器を挙げてきましたが、携帯電話本体と合わせて分割払いできるため、昨今ではSDメモリカードやイヤホン、スマートフォンケースなどのアクセサリまでもが対象に。

こちらは機種変更が5040円(月額210円)に大幅値下がりした「HTC J One」に64GBのmicroSDXCメモリカードが抱き合わせられ、上乗せした本体価格のみが表示された例。メモリカード自体は708円の24回(初回のみ726円)払いですが、計算するとなんと1万7010円になります。


ちなみに大手価格情報サイト「価格.com」では、2013年9月16日1時35分現在、最も安価な64GBのmicorSDXCメモリカードはSandiskの「SDSDQUA-064G-U46A」で、価格は4579円。先月発売の世界最速モデル「SDSDQX-064G-J35A」すら1万5652円であることを考えると、高すぎるのではないでしょうか……。

携帯電話会社が自ら手がけているアクセサリにも「割賦対応」の文字。基本的に「1ヶ月あたりたった○○円」といった売られ方をしています。


◆「有料コンテンツ」にも注意
最後に一部販売店で行われているのが、有料コンテンツの抱き合わせ。本体価格の値下げやキャッシュバックを受けられる代わりに、月額課金される有料サイトへの登録などを行う必要があるというもの。最低契約期間が設定されていたり、登録数が数十個にもおよぶこともあるため、1つ1つ解約するのは一苦労です。

Twitter / teruruom: 【まだいけます】 #HW01E ...


◆割引の条件に要注意、いらないものは「いらない」と言う姿勢が大事
さまざまなものが抱き合わせ販売され、気がつけば時折報じられる高額請求のトラブルに巻き込まれてしまうことがある昨今。しかしながら前述のように、割引の条件として提供されるものや一定期間無料で提供されるものには、それなりの理由があるわけです。

また、スマートフォンを利用するにあたって、さも必要であるかのように何かを薦めてくる販売店などもありますが、一番大事なのはいらないものを薦められても「いらない」と言う姿勢。

もし疑問に思う点があればそのままにせず、その場で契約に踏み切んでしまわない勇気を持ち、メリットやデメリット、トータルの月額支払額・中途解約時に発生する料金などをよくよく洗い出して吟味すれば失敗せずに済むのではないでしょうか。

モンスターハンター4
モンスターハンター4
posted with amazlet at 13.09.15
カプコン (2013-09-14)
売り上げランキング: 1

・関連記事
iPhone 5S/5Cで見えてきたソフトバンクの一人負け、KDDIはプラチナバンドのLTEで圧倒的優位に | BUZZAP!(バザップ!)

やけに安いドコモ版iPhone 5s/5cのえげつない罠、本体価格が9万円半ばで中途解約は困難に | BUZZAP!(バザップ!)

「HTC J One HTL22」が大幅値下げ、0円で機種変更可能に | BUZZAP!(バザップ!)

「GL06P」が月額580円で使えるキャンペーンをイー・モバイルが密かに実施中 | BUZZAP!(バザップ!)

「ARROWS S(EM01F)」は月額3880円でソフトバンクと無料通話可能、ただし「EMOBILE 4G-S」は落とし穴だらけ | BUZZAP!(バザップ!)

スマートフォンの契約トラブル急増中、抱き合わせ商品で高額請求も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加