AVの視聴は性差別的な男性の傾向をさらに増幅することが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Phil Hollenback

ハードコアな成人向け動画が男性の女性に対する態度にマイナスの影響があることが分かりました。ただしそれはあくまで一部の男性への影響であるようです。

男なら誰しも一度は見たことのあるであろう成人向け動画。これらのコンテンツが元から性差別的な男性をさらに性差別的な人間にしてしまうことが最新の研究から明らかになりました。

デンマークの研究者たちは18歳から30歳までの200人のデンマーク人男性を対象に調査を行い、彼らの人柄の「感じの良さ(悪さ)」をランク分けしました。ちなみに「感じの悪さ」は反抗心、冷淡さ、敵愾(がい)心、疑い深さ、嫌味さ、不親切さ、利己心によって定義されます。

全ての被験者はハードコアなポルノ映像を視聴させられ、その後に研究者たちは彼らの性差別的な態度への反応について調査しました。

調査の中で、敵意のある性差別的な態度がより多く現れるようになったのは、「感じの悪い」グループに分けられた男性のみで、「感じの良い」グループの男性には態度の変化は見られませんでした。

主任研究者でコペンハーゲン大学公衆衛生学部のGert Martin Hald教授は、この反応は控えめなものであったとしながらも、視聴したグループごとに特徴的な反応を示したことから、ポルノ映像の視聴は人によって違う影響を与えることになると考えています。

「この研究はポルノ映像の効果の微妙な差異を知るために効果があり、どのような人物がポルノ映像から悪い影響を受けやすく、どうしてこのようなメカニズムが起こるのかを知る手助けになります。性に関して防犯、教育、治療を行う上でも、ポルノ映像が人によって違った効果を与えるという認識は重要でしょう」


無差別にポルノ映像がはびこることは、ある種の男性にとってはより性差別的な傾向を強めることになり、性犯罪や性差別的な言動へのハードルを下げることになりかねないという今回の調査結果。

「性犯罪へつながる」として成人向けコンテンツを規制したいと考える人たちにとっては格好の材料であるだけに、濫用されかねない危険性もはらんでいそうです。

Pornography reinforces sexist attitudes among a subgroup of heterosexuals
Watching porn DOES make men sexist but only men who are mean to begin with Mail Online
(Photo by Phil Hollenback

・関連記事
コミケ存続の危機か、東京ビッグサイトの社長が表現規制強化派の元警察官僚に | BUZZAP!(バザップ!)

男が女よりも浮気や不倫に走りがちな原因が明らかに BUZZAP!(バザップ!)

男は女の子より他の男に自身のサイズをどう思われるかを気にすることが判明 BUZZAP!(バザップ!)

女性のオーガスムは脳にとってもいいんです!という驚きの研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

一夜限りの恋ならオモロイ男が勝つる!という研究結果 BUZZAP!(バザップ!)

友達やご近所さんよりもたくさんセックスすると幸せになれるという研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加