「HTC J One HTL22」が大幅値下げ、0円で機種変更可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日新色「レッドメタル」も発売されたKDDIの2013年夏モデル「HTC J One HTL22」が発売3ヶ月で大幅に値下がりしました。

なんと0円での機種変更も可能で、思わず「こんなの、はじめて。」と口走りたくなるような破格っぷりとなっています。



HTC J One HTL22 レッドメタル(HTL22SRA) | au Online Shop

KDDIの公式通販サイト「au Online Shop」によると、2013年9月6日現在、発売時に実質本体価格3万円強で販売されていた「HTC J One HTL22」全色が大幅値下げされ、機種変更5040円、新規契約1万5120円で販売されています。

機種変更時の本体代金内訳。一括販売価格は4万320円(24回分割時は月額1680円)ですが、「毎月割」によって利用料金から1470円が24ヶ月(トータルで3万5280円)が差し引かれるため、24ヶ月利用時の実質本体価格は5040円になるという仕組み。


これだけでも十分安価ですが、さらにauケータイや3Gスマートフォンを16ヶ月以上利用しているユーザーであれば、LTEスマートフォンへの機種変更が最大1万500円値引かれる(オンラインショップの場合は10500ポイント付与)「機種変更秋トクキャンペーン」を適用すると、「HTC J One HTL22」は実質0円で購入できることになります。

機種変更秋トクキャンペーン | キャンペーン | au


「HTC J One HTL22」本体。キズに強い「Infinity Glass」を採用した4.7インチフルHD(1920×1080)液晶、Snapdragon600「APQ8064T(1.7GHz、クアッドコア)」、88度の超広角フロントカメラ(210万画素)を搭載。「au 4G LTE」の全周波数帯(800MHz、1.5GHz、2.1GHz)対応で、いつでもどこでも快適に通信できるモデルです。


F値2.0の28mmレンズに加えて、従来の3倍光を取り込めるようになった「UltraPixelカメラ」を搭載。バッテリーはビルトインタイプで、最近のスマートフォンとしては普通程度となる2300mAhです。


カメラの実力の一端。UltraPixelカメラと合わせて、暗い中で動きのある被写体でも逃しません。

HTC J Oneのカメラで爆速連写 - YouTube


HTC J Oneの「Zoe」と呼ばれる撮影モードを活用した写真撮影。シャッターを押す1秒前から4秒間を撮影し、そこから写真を切り出す仕組みですが、被写体それぞれのベストな瞬間を切り出して合成し、最も良い笑顔が並んだ写真を作ることなども可能です。

ベストな写真を作れるHTC J Oneのスマイルショット - YouTube


「オブジェクト消去機能」は通りかかった人が写り込んでも「いなかったことにできる」のが特徴。

HTC J Oneのオブジェクト消去は写り込んだ通行人を削除可能 - YouTube


内蔵アンプで歪みの少ない、よりクリアで大きな音を実現するステレオスピーカーの実力はこんな感じ。

最大音量でも音割れせず、力強いサウンドを楽しめるHTC J One - YouTube


これだけ機能が充実しているにもかかわらず、発売から短期間で一気に値下がりしてしまったHTC J One。キャンペーンを組み合わせればとんでもないお買い得っぷりとなりますが、機種変更時の本体代金の高さに悩まされていたユーザーにピッタリではないでしょうか。

・関連記事
暗さに強い「HTC J One」「Xperia UL」「iPhone 5」のカメラ画質比較、ひたすら夜景を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5SのプラチナバンドLTE対応についてKDDI田中社長が言及、iPhone 5からの乗り換え優遇も | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIMに最適、新品未使用の「ARROWS X F-02E」白ロムが1万円台に暴落 | BUZZAP!(バザップ!)

「EMOBILE LTE」が月額2480円に、一部店舗で特別セール実施中 | BUZZAP!(バザップ!)

「ARROWS S(EM01F)」は月額3880円でソフトバンクと無料通話可能、ただし「EMOBILE 4G-S」は落とし穴だらけ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加