iPhone 5sのプラチナバンドLTE対応についてKDDI田中社長が言及、iPhone 5からの乗り換え優遇も

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIの田中社長がiPhone 5sの800MHz帯対応について言及しました。

iPhone 5が2.1GHzのみの対応となったことで苦汁をなめた同社ですが、はたしてどうなるのでしょうか。



本日KDDIが行った「一連のLTE通信障害への対策とこれからのLTEネットワーク戦略について」と題される説明会において、田中社長が次期iPhoneの800MHz帯対応について、「今ここでは言えない」としました。

しかしながら「iPhoneについてはissueである」とコメントし、KDDIとしても注視している姿勢を見せる形に。すべては9月10日に明らかになるわけですが、期待しても良いのでしょうか……?

・14:40追記
次期iPhoneが800MHz帯に対応し、iPhone 5から乗り換えたいユーザーがいた場合、特別な施策が提供されることを田中社長が示唆しています。

田中社長:
2.1GHz帯のエリアカバーは今年度末までに80%までに引き上げ、90%を目指して拡大することを告知していましたが、前倒しいたしておりまして、80%台半ばまで持っていけるのではないかと思っています。もし次のiPhoneが800MHz帯に対応するようなことがあり、使いたい人がいるのであれば、乗り換えやすい施策の提供を考えています。


・関連記事
KDDIのAndroidがLTEエリアカバー率と通信速度で圧勝、全国100駅300地点での調査が公開される | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5のLTEが本当の意味でつながりやすくなることは今後もありません | BUZZAP!(バザップ!)

「WiMAX 2+スマートフォン」をKDDIが投入へ | BUZZAP!(バザップ!)

UQへの2.5GHz帯追加割り当ては本当に不公平なのか、携帯各社の電波保有状況まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

TD-LTE対応のiPhone 5Sは「WiMAX 2+」でも利用可能か、エリア整備に追い風も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加