KDDIのLTEエリアがいち早く「完成」へ、実人口カバー率99%に

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIのLTE全国エリアカバーがいち早く完成する見込みであることが明らかになりました。

基地局数でも抜きん出ており、他社の追随を許さないものとなっています。



本日行われた「一連のLTE通信障害への対策とこれからのLTEネットワーク戦略について」と題された説明会。


KDDIは現在、つながりやすい「プラチナバンド」と呼ばれる800MHz帯と1.5GHz帯、2.1GHz帯でLTEを展開しており、2013年夏モデルのAndroidスマートフォンからはすべての周波数に対応したトリプルバンド端末に。また、800MHz・1.5GHz帯のLTEは下り最大75Mbpsに対応しています。


そしてKDDIは2014年3月末に800MHz帯を用いたLTEの実人口カバー率を99%にまで引き上げ、全国カバーを完成させる予定。


2013年8月末現在の実人口カバー率は97%ですが、面積比で実に約1.5倍となり、どこでも快適に高速通信を利用できるように。


また、各周波数帯をシームレスに切り替え、自動的に空いている周波数帯を選択することで、混雑時でも快適なネットワークを構築。


特筆すべきが大手3社のLTE基地局免許許可数。KDDIがauブランド単独で6.1万、ソフトバンクはイー・モバイルを合わせても3.8万、NTTドコモは3.5万となったほか、つながりやすい800MHz帯基地局でKDDIは3.1万と、他社を圧倒する数字に。基地局の「数」で自社の優位をアピールするケースは多々見受けられますが、「質」においてもなかなかのものです。


iPhone 5Sがプラチナバンドに対応すれば、まさに無双状態となりそうな今後のネットワーク展開。なお、BUZZAP!では後ほど詳細記事をお届けします。

・次の記事
iPhone 5SのプラチナバンドLTE対応についてKDDI田中社長が言及、iPhone 5からの乗り換え優遇も | BUZZAP!(バザップ!)

強化フェーズに入った「au 4G LTE」の今後の戦略が明らかに、障害対策は前倒しで進行中 | BUZZAP!(バザップ!)

「au Wi-Fi SPOT」がIEEE802.11ac対応へ | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
KDDIのAndroidがLTEエリアカバー率と通信速度で圧勝、全国100駅300地点での調査が公開される | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5のLTEが本当の意味でつながりやすくなることは今後もありません | BUZZAP!(バザップ!)

「WiMAX 2+スマートフォン」をKDDIが投入へ | BUZZAP!(バザップ!)

UQへの2.5GHz帯追加割り当ては本当に不公平なのか、携帯各社の電波保有状況まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

TD-LTE対応のiPhone 5Sは「WiMAX 2+」でも利用可能か、エリア整備に追い風も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  2. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  3. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  4. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました
  5. えげつなく安い1万円台の高性能SIMフリータブレット「Teclast M40」「Teclast P20HD」またしても値下がり、ゲームやビデオ会議、ナビなどマルチに活躍

モバイルに関連した楽天商品ランキング