KDDIのLTEエリアがいち早く「完成」へ、実人口カバー率99%に

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIのLTE全国エリアカバーがいち早く完成する見込みであることが明らかになりました。

基地局数でも抜きん出ており、他社の追随を許さないものとなっています。



本日行われた「一連のLTE通信障害への対策とこれからのLTEネットワーク戦略について」と題された説明会。


KDDIは現在、つながりやすい「プラチナバンド」と呼ばれる800MHz帯と1.5GHz帯、2.1GHz帯でLTEを展開しており、2013年夏モデルのAndroidスマートフォンからはすべての周波数に対応したトリプルバンド端末に。また、800MHz・1.5GHz帯のLTEは下り最大75Mbpsに対応しています。


そしてKDDIは2014年3月末に800MHz帯を用いたLTEの実人口カバー率を99%にまで引き上げ、全国カバーを完成させる予定。


2013年8月末現在の実人口カバー率は97%ですが、面積比で実に約1.5倍となり、どこでも快適に高速通信を利用できるように。


また、各周波数帯をシームレスに切り替え、自動的に空いている周波数帯を選択することで、混雑時でも快適なネットワークを構築。


特筆すべきが大手3社のLTE基地局免許許可数。KDDIがauブランド単独で6.1万、ソフトバンクはイー・モバイルを合わせても3.8万、NTTドコモは3.5万となったほか、つながりやすい800MHz帯基地局でKDDIは3.1万と、他社を圧倒する数字に。基地局の「数」で自社の優位をアピールするケースは多々見受けられますが、「質」においてもなかなかのものです。


iPhone 5Sがプラチナバンドに対応すれば、まさに無双状態となりそうな今後のネットワーク展開。なお、BUZZAP!では後ほど詳細記事をお届けします。

・次の記事
iPhone 5SのプラチナバンドLTE対応についてKDDI田中社長が言及、iPhone 5からの乗り換え優遇も | BUZZAP!(バザップ!)

強化フェーズに入った「au 4G LTE」の今後の戦略が明らかに、障害対策は前倒しで進行中 | BUZZAP!(バザップ!)

「au Wi-Fi SPOT」がIEEE802.11ac対応へ | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
KDDIのAndroidがLTEエリアカバー率と通信速度で圧勝、全国100駅300地点での調査が公開される | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5のLTEが本当の意味でつながりやすくなることは今後もありません | BUZZAP!(バザップ!)

「WiMAX 2+スマートフォン」をKDDIが投入へ | BUZZAP!(バザップ!)

UQへの2.5GHz帯追加割り当ては本当に不公平なのか、携帯各社の電波保有状況まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

TD-LTE対応のiPhone 5Sは「WiMAX 2+」でも利用可能か、エリア整備に追い風も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加