バーニング・マン2013を小型無人ヘリから撮影した映像が完全に別世界

このエントリーをはてなブックマークに追加



毎年ネバダ州ブラックロック砂漠で1周間に渡り開催される祝祭、バーニング・マン。今年のバーニング・マンの会場を小型無人ヘリから空撮した、まるで別世界のような映像が届きました。

毎年日本を始め世界中から参加者が集まるバーニング・マン。何もない広大な砂漠に1週間だけ忽然と巨大なモニュメントや街が出現する様子はこれまでも繰り返し報じられてきましたが、今回これを映像作家のEddie Codelさん小型無人ヘリDJI PhantomとGoPro Hero3カメラを使って撮影した映像が登場しました。




実際に会場に行っても(スカイダイビングでもしない限り)見られない景色が満載されています。砂漠の巨大な交易場にも見えますが、次々と現れるオブジェやきらびやかな人々は現実世界とは思えないほどです。映像は以下から。

Drone's eye view of Burning Man 2013 on Vimeo


来年はどんな世界が繰り広げられるのでしょうか?



・関連記事
バーニング・マンで撮影された、フラフープの内側に取り付けられたビデオカメラから見る世界がすごすぎる! BUZZAP!(バザップ!)

今年もバーニング・マンはUstreamでの中継を実施 BUZZAP!(バザップ!)

風営法問題を扱ったドキュメンタリー映画「SAVE THE CLUB NOON」の11月末からの劇場公開が決定 BUZZAP!(バザップ!)

バクテリアを染色してサイケデリック・アートを作り上げたイスラエルの物理学教授 BUZZAP!(バザップ!)

あまりにサイケデリックに美しい都市構造体の万華鏡タイムラプスムービー BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加