逃げられない!時速26kmで自由に走り回れる恐怖の四足歩行ロボットをボストンダイナミクスが作成

このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでも多くの驚異的なロボットを作り上げて来たボストンダイナミクスが人間の足では逃げられないロボットを作り上げてしまいました。

「WildCat」はボストンダイナミクス社がアメリカ国防総省の軍隊使用のための新技術開発および研究を行う機関、国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency:DARPA)の資金援助を得て作成されたロボット。

あらゆる地形を踏破でき、平地ではギャロップ走法などを用いて時速26kmの速度で移動可能。方向転換なども自由自在で、燃料切れになるまでずっと走り続けることができます。例えば人間がフルマラソンを2時間ジャストで走り切ると考えても時速21km程なので、平地で丸腰で逃げ切ることはまず不可能です。

Introducing WildCat – YouTube

現在でもアメリカ軍の中東での無人攻撃機(ドローン)による誤爆などが話題になっていますが、防弾仕様にしてセンサーと火器を搭載したこのロボットが地上戦に投入されるような事になれば、この上なく強力な対人兵器となることは間違いなさそう。悲劇が増えないことを祈るばかりです。

アメリカ UAV UGV (無人飛行機・無人車両) 最新レポート
村瀬一志
ケイエムコンサルティングLLC
売り上げランキング: 1,194,945

・関連記事
Big Dogを制作したボストンダイナミクスの最新作、2階の窓までハイジャンプが可能なラジコン型偵察ロボット「Sand Flea」 BUZZAP!(バザップ!)

頭で考えるだけで小型無人ヘリを操縦できる技術をミネソタ大学が開発 BUZZAP!(バザップ!)

リアル?フェイク?サブマシンガン搭載の物騒極まりないクアドローター BUZZAP!(バザップ!)

【動画あり】完全にSFの世界へ、世界初の搭乗型パワードスーツ市販モデル「パワードジャケットMK3」が1250万円で発売 BUZZAP!(バザップ!)

まさにサイコミュ?脳波で無人ヘリを操作できるシステムが中国で開発される BUZZAP!(バザップ!)

待望の猫型ロボットがスイスで開発される、限りなく猫に近い歩き方に BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加