足の不自由な子供がパパやママと一緒に「歩く」ことができる二人羽織式ガジェットが開発される

このエントリーをはてなブックマークに追加

先天的な障がいなどの理由で歩けない子供たちが、大人たちと一緒に「歩く」ことのできるガジェットが開発されました。詳細は以下から。

生まれながらに何らかの理由で歩けない子供たちがいます。とある脳性小児麻痺で歩くことのできない男の子の母親が、息子と一緒に歩くためのガジェットを発明し、製品化されました。

イスラエル人のミュージックセラピストのDebby Elnatanさんには脳性小児麻痺のため歩けない息子Rotem君がいます。彼女は息子を直立させ、彼女自身に括りつける形のハーネスを発明、世界中の会社を調べた結果、北アイルランドの子供向け器具を制作するLeckey社に依頼、製品化となりました。同社のブランドFireflyから販売されることになっています。

Firefly – Posturally supportive and clinically focused products Firefly

ElnatanさんはUpseeができるまでについてこう振り返ります。

「息子が2歳の時に、医者から『彼は(脳性小児麻痺のため)自分の足が何なのか分かっておらず、意識もない』と告げられました。それを聞くのは母親としては辛いことでした。私は息子と毎日毎日歩く練習をしましたが、どちらにとっても大変な仕事でした。その苦痛とやけっぱちの気持ちの中からUpseeのアイディアが生まれ、こうして形になったのを見るのはほんとうに嬉しいものです」

Upseeを使えば、足の不自由な乳幼児が立って、大人と共に繰り返し歩く練習をすることができます。Upseeは子供用のハーネスが大人用のベルトと接続されており、特製のサンダルで大人と子供が歩調を合わせて歩くことが可能。さらに両手は遊んだり他の仕事をするために開けておくことができます。

実際に使用している動画は以下から。

Upseeは既にローンチされているとのことですが、現時点で下記公式サイトからの購入はできません。セミナーの概要などは表示されているため、気になる方はこまめに覗いてみることをおすすめします。

Firefly

Upsee harness, invention by mum of disabled son helps physically impaired children walk Mail Online

・関連記事
完璧な人間などいないから…障がい者をモデルにしたマネキンが呼んだ驚きと感動 BUZZAP!(バザップ!)

ハイヒールが履きたいばかりに両足を切断してしまった女の子 BUZZAP!(バザップ!)

テレビや新聞からは伝わらない「パラリンピック2012」の雰囲気がよくわかる写真40枚 BUZZAP!(バザップ!)

発展途上国の重労働「水汲み」を革命的に楽にする車輪型ボトル「WaterWheel」 BUZZAP!(バザップ!)

ゲイになるのは遺伝的要素が原因か、出生前診断の可能性も BUZZAP!(バザップ!)

LSDを摂取した少女の自画像のトリップに伴う変化がすごいことに BUZZAP!(バザップ!)

Bjork(ビョーク)やSigur Ros(シガー・ロス)を生んだアイスランドの首都のとんでもなく型破りな市長 BUZZAP!(バザップ!)

あなたの知性をダメにする6つのクセ BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加