ドコモが既存ユーザーにもカケホーダイ加入を強要へ、旧プランの月々サポート打ち切り

このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTドコモの「カケホーダイ」を皮切りに、携帯各社が相次いで打ち出した完全通話定額プラン。

データ通信メインのユーザーや、一人暮らしのユーザーにとっては割高になることもあり、一部で賛否が分かれていますが、ドコモが大ナタを振るうことが明らかになりました。

NTTドコモの公式ページによると、2014年9月1日以降にスマホを購入するユーザーに対して「月々サポート」の適用条件が変更され、新プラン「カケホーダイ&パケあえる」に加入しない限り、割引が受けられなくなることが告知されています。

月々サポートは指定機種および指定のパケット定額プランに加入した場合、24ヶ月にわたって利用料金から毎月、機種に応じた一定額が割り引かれるというもの。

つまり現在販売されている「Xperia Z2 SO-03F」の場合、9月以降に旧プランのまま機種変更しようとすると、新プラン契約時より4万円ほど高い、8万5320円を支払わないといけない計算になります。

また、短期解約を防ぐために「本体価格9万5760円・月々サポート総額9万5760円(16GBモデルの場合)」という価格設定だったiPhone 5sのケースを考えても、月々サポート無しというのは現実的ではなく、事実上旧プラン契約の既存ユーザーに対しても、機種変更に合わせて新プランの契約を強要しているとしか受け取れません。

最も安価な2GBプラン契約でも月額6500円(従来は7GB利用できて6780円)という、通話定額を必要としない層にとっては割高と言わざるを得ない新プラン。

既存プラン契約者をこうまでして新プランに移行させたい背景には、ユーザーの大半が通話定額プランに加入しないと、採算が取りづらいという側面もあると思われます。

しかしそれでは「通話をほとんどしない人の通話定額料を原資に、ガンガン通話する人の通話定額を支える」という不健全な状況が新たに生まれることになるわけですが、本当にこれでいいのでしょうか……。

・関連記事
通話定額を強制する携帯各社の新料金プラン、実はバカ高くありませんか? | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ・au・ソフトバンク新料金対決、「カケホとデジラ」「カケホーダイ&パケあえる」「新スマ放題」を徹底比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモも画像・動画を圧縮する「通信の最適化」導入へ、ただし強制適用はソフトバンクのみ | BUZZAP!(バザップ!)

SIMロック解除義務化が正式決定、スマホ本体が値上がりする可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが基地局を緑化、クローバーを植えて表面温度を下げることに成功 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加