あの「究極超人あ~る」が9月に前後編の特別読み切りで復活!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆうきまさみの代表作のひとつである「究極超人あ~る」が特別読み切りで復活することが明らかになりました。詳細は以下から。

「機動警察パトレイバー」シリーズなどで大きな人気を誇る漫画家ゆうきまさみの初の週刊誌連載作として週刊少年サンデーに1985年から1994年まで連載され、今も熱狂的なファンを持つ伝説的な作品「究極超人あ~る」がなんと9月に特別読み切りの形で復活することが明らかにされました。

「究極超人あ~る」は私立春風高校を舞台に、マッド・サイエンティストが世界征服のために作った人間と同等の能力を持つアンドロイド、R・田中一郎と光画部(いわゆる「写真部」)の部員やOBらとの何気ないながらもぶっ飛んだ毎日を描く漫画。現代では「サークル系漫画」のはしりとも言われています。

前辺は9月14日発売の「ビッグコミックスピリッツ」42・43合併号、後編は9月26日発売の「月刊!スピリッツ」11月号に掲載されます。また、本日8月27日発売の「月刊!スピリッツ」10月号には付録として「究極超人あ~る」の週めくりカレンダーが付いてくるとのこと。

懐かしい人にはたまらなく懐かしく、若い人には新鮮な読み切りとなりそうです。なお、第一話は以下サイトから閲覧できるので、読んだことのない人はチェックしてみると良いかもしれません。

サンデー名作ミュージアム

EMOTION the Best 究極超人あ~る [DVD]
バンダイビジュアル (2010-12-22)
売り上げランキング: 5,090

・関連記事
「ハイスコアガール」巡る紛争でスクウェア・エニックスとSNKプレイモアが和解、出版・販売ともに継続へ | BUZZAP!(バザップ!)

峰なゆかのドラマ化もされた漫画「女くどき飯」にパクられ騒動が勃発 | BUZZAP!(バザップ!)

松田洋子最新作「私を連れて逃げて、お願い。」第2巻、8月24日発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

「ウルトラヘブン」の小池桂一が16歳で手塚賞に入選した幻のデビュー作「ウラシマ」が電脳マヴォで公開 | BUZZAP!(バザップ!)

「弟の夫」大ヒットでいきなり重版決定、田亀源五郎氏が喜びの声 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加