auショップ店員が女性客のメールを自動転送で盗み見して逮捕、契約者情報管理システムを悪用

このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯電話ショップの店員が女性客のメールを盗み見たとして逮捕されました。なんと客側が自衛手段を講じる方法が無いという、恐ろしい手口が用いられています。詳細は以下から。

報道各社によると、契約者情報を管理するシステムを悪用し、女性客の携帯電話の設定を勝手に変更したなどとして、警視庁サイバー犯罪対策課は本日、埼玉県内のauショップ元店員の男(31歳)を私電磁的記録不正作出・同供用容疑などで逮捕したそうです。

これは男がauショップの店員だった2014年8~9月に店内の端末を使って顧客情報の管理システムに接続。顧客の20代女性2人のメール約1200通について、自分のメールに自動転送されるよう勝手に設定を変えた疑いによるもの。

容疑者の男が使っていた携帯電話には、他の女性の携帯電話から転送されたとみられるメールの記録が残っていたほか、インターネット上に保存されていたデータの中には、複数の女性の私的な画像が計約6000枚見つかったとのこと。

警視庁サイバー犯罪対策課は女性が使っていたネットサービスのIDを割り出し、不正にログインして画像をダウンロードした可能性もあるとみています。

なお、今回の不正アクセスは契約者情報を管理するシステムを悪用してメール転送設定を変更したもので、ユーザー側に自衛する手段が無いのが最も大きな問題点。

携帯各社はシステムへのアクセスに生体認証を必要としていますが、業務効率化のため、社員だけでなくパートやアルバイトスタッフにも操作権限を与えている販売代理店は多いとされています。

不正転送容疑:女性客のメール盗み見…元携帯店員逮捕 – 毎日新聞

顧客メール転送、盗み見…元携帯代理店員を逮捕 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

・関連記事
【追記あり】ソフトバンクが顧客を信用情報機関に「滞納」と誤登録6万件、クレジット・ローンに影響も半年以上公表せず | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話の契約者情報を不正入手するための料金、ソフトバンクは2万3000円でKDDIは9万8000円に | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがau 4G LTEの「実人口カバー率96%」表記で謝罪、iPhone 5は対象に含まれず | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加