「Huawei P9 Lite Premium」速攻レビュー、人気スマホのUQ mobile独自モデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加

「UQ mobile」が2016年秋冬モデルとして「Huawei P9 Lite Premium」を発表しました。

格安スマホ市場で人気の「Huawei P9 Lite」を強化した機種で、RAM増量や通信速度の高速化などが図られています。詳細は以下から。

これが12月上旬発売予定の「Huawei P9 Lite Premium」。5.2インチフルHD(1920×1080)IPS液晶にSnapdragon 617(1.5GHz×4コア+1.2GHz×4コア)、3GB RAM/16GB ROM、1300万画素背面カメラ、800万画素前面カメラ、3000mAhバッテリー搭載のAndroid 6.0スマホです。

Huawei P9 Liteとの違いは「プロセッサがKirin 650→Snapdragon 617」「RAMが2GB→3GB」「WiMAX 2+のキャリアアグリゲーションに対応(下り最大220Mbps)」という点。Zenfone 3などと比べてRAM容量が低いP9 Liteの弱点を克服しただけでなく、さらなる高速通信をサポートしています。








実際に触ってみたところ。特に引っかかることなく、サクサクと動きます。3GB RAMは複数のアプリを立ち上げたりした時などに活躍してくれそうです。

・関連記事
格安スマホ「UQ mobile」が2016年秋冬モデル発表、まさかの独自モデル「Huawei P9 Lite Premium」も | BUZZAP!(バザップ!)

スマホ一括0円で月額料金740円、UQ mobileがとんでもないキャンペーン実施中 | BUZZAP!(バザップ!)

ついにau回線に本格対応した「Zenfone 3」、UQ mobileで使うメリットはこんなにも多い | BUZZAP!(バザップ!)

通信量の心配ゼロ、格安スマホ・UQ mobileの節約モード(300kbps)でポケモンGOをプレイしてみた | BUZZAP!(バザップ!)

本体代込み月額2680円でポケモンGO快適プレイ、通信量ゼロの節約モードも魅力なUQ mobileのiPhone 5sで遊んでみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加