Zenfone 4のプロセッサはMediaTek製か、UQ mobile版が独自仕様になる可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加

今夏発売とされるASUSの新型スマホ「Zenfone 4」のプロセッサが、またしても変わる可能性が浮上しました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、ASUSが新型スマホ「Zenfone 4」にMediaTek製のプロセッサを搭載する可能性が浮上しているそうです。

これはクアルコムがスケールメリットや戦略上の理由から最新の高性能プロセッサ「Snapdragon 835」の供給を、SamsungとXiaomiのみに絞っていることを受けたもの。

MediaTekとの競争激化を踏まえ、クアルコムはXiaomiにSnapdragon 835の優先的な供給と特別価格(公式価格は1チップ45~50ドルなのに対し、Xiaomi向けは30ドルに値引き)を提示したとされています。

なお、優先的な供給を受けたSamsungは「Galaxy S8」、Xiaomiは「Mi 6」をフラッグシップスマホとして発売する予定ですが、ASUSやLGなどのスマホメーカーはハイエンドモデルに旧世代のSnapdragon 821を使うか、上記2社以外にSnapdragon 835の供給が開始される3ヶ月後を待つ必要があるとのこと。

しかしあまり発売が遅くなると新型iPhoneと発売時期がぶつかってしまうため、スケールメリットや出荷台数の面で上記2社に及ばないASUSは「Zenfone 4 Deluxe(仮称)」向けプロセッサを調達すべく、MediaTekとの交渉のテーブルに着く可能性があるわけです。

ちなみにもしASUSがZenfone 4のほぼすべてのモデルをMediaTek製のプロセッサで固めた場合、Huawei P9 Lite PREMIUMのようにUQ mobile版のみSnapdragonを搭載した特別仕様になる可能性が浮上します。

これはauで用いられる音声通話サービス「au VoLTE」が昨秋発売のMediaTek製プロセッサ搭載スマホ「SHINE Lite」を除いてSnapdragon端末にしか実装されていないためです。

SHINE Liteより後に発売された「ZTE BLADE V770」についても、本来MediaTek製プロセッサを備えるはずがSnapdragon採用に。MediaTekよりもクアルコムのプロセッサのほうがau VoLTE対応のハードルが低いことなどが背景にあるとみられますが、はたしてZenfone 4はどのような形で発売されるのでしょうか。

Asustek may reboot connection with MediaTek after failing to receive priority from Qualcomm

・関連記事
Zenfone 4は5月発売、さらなる高性能化で本体値上がりも | BUZZAP!(バザップ!)

カギはau VoLTE?UQ mobileに人気スマホの独自仕様モデルが投入されるワケ | BUZZAP!(バザップ!)

カメラが特色の「Zenfone 4」は2017年第2四半期発売、Zenfone ARやVRデバイス投入も | BUZZAP!(バザップ!)

5.5インチの「ZenFone 3 ZE552KL」発売決定、4GB RAM・3000mAhバッテリー搭載でより便利に | BUZZAP!(バザップ!)

HTC、スマホ出荷台数でASUSに完敗していた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加