【ツイッター】「児童の性的搾取」で凍結されたロリペドアカウント、なんと38%が日本のものでした

このエントリーをはてなブックマークに追加

援助交際、ロリペドが「日本文化」であることが明確に示されました。詳細は以下から。

ツイッター・ジャパンは10月13日に公式ブログで「日本における児童の性的搾取へのTwitterの取り組みの新しいご報告」としたポストを掲載しました。

それによると、ツイッター社が2017年上半期に行った世界全体の児童の性的搾取に関するアカウントの凍結のうち、38%が日本所在のアカウントだったということ。そのうちの98%はTwitterが発見して凍結を行っています。これによってロリペドアカウントの活動時間は半減し、関連アカウントをフォローしている人の数も大幅に減らすことができたということ。

また、こうして凍結されたロリペドアカウントが再び新しいアカウントを取得してツイッターに舞い戻ることを防ぐための方策も進んでおり、この期間に凍結された日本のロリペドアカウントの50%以上は初ツイート以前に即凍結されており、いわば永久追放状態になっています。

ツイッターの全世界のユーザー数が3億1000万人(2017年1月時点)で日本のユーザー数が4000万人(2016年9月時点)であり、日本のユーザーの比率が約13%であることを考えると、児童の性的搾取に関するアカウントの凍結のうち38%が日本のユーザーという結果は驚くべきハイスコアと言うしかありません。

なお、ツイッター社は凍結した明確なロリペドアカウントの情報をNCMEC(全米行方不明/被搾取児童センター)のCyberTiplineに報告しており、NCMECは日本の法的機関を含めた世界各国の該当する法的機関にそのレポートを提出することができるとのこと。

「たいていの場合、調査に必要なすべての情報をNCMECを通じて入手いただけるようになっています」とされているように、日本の警察が本腰を入れればNCMECを通じてツイッター上で暴れていた日本のロリペドアカウントを洗い出し、捜査する事が可能ということ。

身に覚えのある恥知らずなロリペドアカウントの中の人は今日から震えて待つことになりそうです。

日本における児童の性的搾取へのTwitterの取り組みの新しいご報告

多発する少女買春―子どもを買う男たち
いのうえ せつこ
新評論
売り上げランキング: 1,236,420

・関連記事
女児をオモチャで公園におびき寄せ、盗撮するスマホゲーム「ようじょあつめ」が驚きのキモさ | BUZZAP!(バザップ!)

画像・動画共有アプリ「写真袋」運営会社社長逮捕、児童ポルノ陳列幇助で | BUZZAP!(バザップ!)

非実在幼女スウィーティ(10歳)によって既に1000人もの幼児性愛者が特定され、インターポールに通報されている | BUZZAP!(バザップ!)

「FF外から失礼します」なクソリプを防ぐ機能をツイッターが実装 | BUZZAP!(バザップ!)

捨て垢フィルターに嫌がらせツイート自動削除、特定ワードのタイムラインミュートなどをツイッターが実装へ、 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加