「iPad 3(仮)」は登場間近か、超高解像度ディスプレイが出荷中と明かされる

このエントリーをはてなブックマークに追加



初代モデルが2010年1月に発表され、4月にアメリカ国内で先行発売されたAppleのタブレット端末「iPad」。

第2弾となる「iPad 2」が昨年3月に発売されたため、後継モデルとなる「iPad 3(仮)」の登場も近いと思われる昨今ですが、すでに搭載される予定の超高解像度ディスプレイが出荷中であることが明かされました。

詳細は以下から。



Panels used in new iPad to exceed iPad 2 panels in shipment volume in 2Q12, say Taiwan makers

AppleのiPhoneやiPad、メーカー各社のスマートフォン、ゲーム機、パソコンなどの受注生産を手がける世界最大の製造請負メーカー「鴻海精密工業(ブランド名はFoxconn)」や、AcerやASUS、HTCといった大手PC・スマートフォンメーカーを抱える台湾のIT系情報サイト「DIGITIMES」の報道によると、2011年第4四半期に「iPad 3(仮)」にあたる新型iPad向けの液晶ディスプレイの出荷が開始されたことを部品メーカー関係者が明かしたそうです。

iPad 3(仮)に採用されるディスプレイは従来と同じ9.7インチで、解像度は従来(1024×768)の4倍にあたるQXGA(2048×1536)になるとのこと。また、ディスプレイを供給するメーカーとしてシャープとLG電子が選定されたとしています。

なお、2012年に出荷されるiPad 3(仮)向けディスプレイは4000万枚に達する見込みで、iPad 2向けディスプレイの出荷数は2011年の4800万枚から2500万枚へと減る見込み。iPad 3(仮)向けとiPad 2向けディスプレイの供給ペースは2012年第2四半期に逆転するとされています。

Apple Is Said to Ready IPad 3 With Sharper Screen, LTE Access - Bloomberg

ちなみにBloombergも現地時間の1月13日付けでiPad 3は2月にフル生産が行われ、DIGITIMESの報道同様、超高解像度ディスプレイが搭載されることや、次世代高速通信「LTE」に対応する予定であることを関係者が明かしたと報道しています。

iPad 3がLTEに対応するのであれば、日本で唯一LTEを展開しているNTTドコモに供給される可能性があるのかどうかに否が応でも注目が集まることとなりますが、くしくも2011年11月30日に日経ビジネスが「iPhone 5」にあたる次世代iPhoneと「iPad 3」にあたる次世代iPadの販売についてNTTドコモとAppleが合意したと報道済み。

iPhone 4Sの発売に踏み切ったKDDIに続いて、NTTドコモまでiPhoneとiPadを発売することになるのであれば、ソフトバンクモバイルがどのような対抗策を打ち出してくるのかが気になるところですが、「日本ではソフトバンクとKDDIから発売される」と明言されたiPhone 4S発表会同様、今後行われるであろうiPad 3の発表会に注目が集まります。

・関連記事
次期iPhoneは3Dインターフェースを搭載し、ジェスチャー操作にも対応か | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneをはじめ各社の武器を次々獲得、「選べる自由」を実現したauのスマートフォン戦略まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

au版iPhone 4Sはソフトバンク版よりも快適に通信可能、カタログ性能と実測値の違いが如実に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加