一度に食べると混乱してくる「チロルチョコ×ブラックサンダー×チョコボール」コラボ菓子

このエントリーをはてなブックマークに追加



コンビニでつい1個買ってしまうような駄菓子のビッグ3が夢のようなコラボを繰り広げています。「ブラックサンダー味のチロル」「チロルチョコ(コーヒーヌガー味)のチョコボール」などなど、一度に食べると、もはやどれを食べているのか分からなくなるレベルです。



関西地方のセブンイレブンで発見したのですが、この陳列の仕方はとんでもないインパクト。一番上の画像にあるものは購入したお菓子たちなのですが、「チロルコーヒーヌガー味」「チョコボールキャラメル味」のお菓子が含まれていないのは、単に記者が歯の治療真っ盛りでキャラメル系のお菓子が食べられなかったというだけで、深い意味はありません。本当に。


全部で7種類のコラボ商品がありますが、各々が持ち味を生かした上で相手の菓子の味を再現しているため、いっぺんに食べていると訳が分からなくなります。全種類は下記の通り。

<ブラックサンダー>
ブラックサンダー チロルコーヒー味(税込32円)
ブラックサンダー キョロちゃんピーナッツ味(税込32円)

<チロルチョコ>
ブラックサンダー味(税込32円)
(チョコボール)キャラメル味(税込32円)
(チョコボール)ピーナッツ味(税込32円)


<チョコボール>
ブラックサンダー味(税込74円)
チロルコーヒー味(税込74円)

個人的に「チョコボールのピーナッツ味」のものはあのローストピーナッツのおかげで、どの形態で食べても納得の味、だったと思えました。ブラックサンダーは白黒両方のビスケットが入っていないと物足りないので、面積の小さいチロルやチョコボールではちょっと再現が苦しかったかも。

このコラボ商品、関東と中部では昨年10月ごろから販売されていた様子。東京ウォーカーでは「全国発売」される予定となっていて、Wikipediaには「2012年1月現在では中国地方の岡山県でも販売しているのを確認し実際に購入した」とやたら実体験に基づいた情報まであるので、現在は多くの地方で手に入れることが可能となっているものと推測されます。

まったく違う会社同士が「駄菓子繋がり」というだけで悪のりで作ってしまったかのようなコラボ商品。食べる者を攪乱するかのような奇跡的なできばえは一“食”の価値ありなので、小腹満たしに手にとってみてください。

・関連記事
ビールがほしくなる濃厚テイスト!新生ウェンディーズの日本限定バーガー&チリポテトは大人も満足できる味 | BUZZAP!(バザップ!)

いい肉の日にスライム肉まんが現れたので捕食した | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加