高騰が続くHDD、今一番お買い得なのは3TBモデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



タイの洪水の影響で最大手メーカー「Western Digital」の工場が浸水し、HDDの高騰が続いている昨今ですが、いくら値下がりするまで買い控えたいとはいえ、「HDDが必要になる時」というのはどうしても訪れるもの。そんな時に最もお買い得なHDDが明らかになりました。

詳細は以下から。



価格.com - SEAGATE ST2000DL003 [2TB SATA600 5900] 価格比較

価格.com - WESTERN DIGITAL WD25EZRX [2.5TB SATA600] 価格比較

価格.com - WESTERN DIGITAL WD30EZRX [3TB SATA600] 価格比較

大手価格情報サイト「価格.com」によると、2012年1月22日0:00現在、1GBあたりの単価が最も安いHDDはWESTERN DIGITAL製の3TBモデル「WD30EZRX」となっています。価格は1万2965円で、1GBあたりの単価は4.32円。

また、2TBモデルはSEAGATE製の「ST2000DL003」が最安で価格は8980円(1GBあたり4.49円)、2.5TBモデルはWESTERN DIGITAL製の「WD25EZRX」が最安で価格は1万890円(1GBあたり4.36円)と、3TB、2.5TB、2TB……の順番でお買い得に。

各モデルの値動きの推移。2012年に入ってからも、ほとんど値動きする様子がありません。

・ST2000DL003(2TB)


・WD25EZRX(2.5TB)


・WD30EZRX(3TB)


まだまだ値下がりには程遠いHDDですが、どうせ買うなら少しでもお買い得に済ませたいもの。自分の用途を考えた上で、容量と単価のバランスが最も良いものを選びたいところです。

・関連記事
低価格化が進むノートパソコン、3万円割れも当たり前に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加