「不幸袋」でおなじみのPCショップ「クレバリー」の1号店、2号店が閉店へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



毎年初頭に福袋ならぬ「不幸袋」を発売していることで知られ、2010年初頭に発売した「不幸箱(不況箱)」がユーザーから強い反発を受けたことも記憶に新しい、秋葉原のPCショップ「クレバリー」が1号店および2号店を閉店する予定であることが明らかになりました。



秋葉原1号店【クレバリー店舗情報】

秋葉原2号店【クレバリー店舗情報】

クレバリー秋葉原1号店および2号店の公式ページによると、2012年2月26日(日)をもって閉店することとなったそうです。

これによりクレバリーは同じ秋葉原にある「インターネット館」のみとなり、閉店後のアフターサポートについては同店で引き継がれる予定。

同店のマスコットキャラクター「山田君」は漫画家の平田康憲(平井太朗)氏によるもの。秋葉原を訪れた際に見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。


なお、クレバリー1号店および2号店は昨年12月に閉店した「リナックスカフェ」と同じ並びにあるため、今回の閉店によって寂しいことになりそうです。

・関連記事
記録型DVDやBlu-rayの自社生産から三菱化学が撤退へ、DVDの生産は太陽誘電のみに | BUZZAP!(バザップ!)

「ネットブックから撤退しない」と世界第2位のパソコンメーカー、Acerが表明 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加