NTTドコモの公衆無線LANサービスが「docomo Wi-Fi」に、「Mzone」から変更

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが公衆無線LANサービス「Mzone」を「docomo Wi-Fi」に名称変更することを発表しました。

詳細は以下の通り。



NTTドコモのプレスリリースによると、同社は3月1日から公衆無線LANサービス「Mzone」を「docomo Wi-Fi」に名称変更するそうです。

従来の「Mzone」のロゴ。


新たに「docomo Wi-Fi」へと生まれ変わることになります。


他社が公衆無線LANサービスに「ソフトバンクWi-Fiスポット」「au Wi-Fi SPOT」といった、キャリア名を付けている中、一目で分かりづらかったNTTドコモの「Mzone」。

「docomo Wi-Fi」を名前を改めることによって、分かりやすくなったというユーザーも多いのではないでしょうか。

ドコモ公衆無線LANサービス | サービス・機能 | NTTドコモ

・関連記事
NTTドコモが新型スマートフォンとタブレット発表、NOTTV対応で裸眼3D表示のHD液晶搭載も | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが「Xi(LTE)」を利用した音声通話サービスを商用化へ | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大14Mbpsのドコモ回線が月額1770円、「BIGLOBE 3G」の活用法を考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加