ユーザーも損害賠償請求の対象とされる「BLACKCAS」、またしても再販へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



BSデジタル放送や110°CSデジタル放送などの有料チャンネルも見放題とされる「B-CASカード」の海賊版「BLACKCAS」について、総務省が調査に乗り出したことを先日BUZZAPでお伝えしましたが、またしても再販されることが明らかになりました。

詳細は以下の通り。



【BLACKCAS】暗号解読版B-CASカードは、絶対のお買い得商品!カード一枚で衛星放送が半永久的に視聴できますので、持って損なし!


BLACKCASの公式ページによると、3月3日に同カードのインターネット販売が行われたのに続いて、3月8日20:00からも販売が行われるそうです。在庫限定の早い者勝ちとのこと。

有料放送を見放題の不正カードが流通 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

なお、読売新聞社の報道によると、BLACKCASの登場を受けて3月2日にWOWOWなど4社が「厳正に対処する」との共同声明を発表。

すでに製造元などの調査を開始しており、「不正競争防止法に違反する犯罪行為であり、利用者も損害賠償の対象となる」として、製造および販売者の刑事告訴も視野に入れているとされています。

捜査の手が伸びる前に在庫を全部処分するつもりなのか、そもそも捜査を気にしていないのかは分かりませんが、いずれにせよ関係各社が事態を重く受け止めている最中に販売に踏み切るのは大胆不敵。ユーザー側の責任も問われる流れになりつつあるわけですが、それでも購入希望者が殺到するのでしょうか……?

NTT-ME SCR3310-NTTCom
NTT-ME SCR3310-NTTCom
posted with amazlet at 12.09.10
NTT-ME (2007-07-24)
売り上げランキング: 64


・関連記事
有料チャンネル見放題の「BLACKCASカード」を総務省が調査、ユーザーは業務妨害罪などで立件も | BUZZAP!(バザップ!)

2~3万円台にまで値下がりした激安液晶テレビから「本当のお買い得品」を探してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. SSDやメモリが今後値下がりか、メーカー各社の在庫が山積みに
  2. ベストセラー1位の「CHUWI HeroBox」が1万円台など格安超小型パソコン相次ぎ値下がり、RyzenやCore i7搭載モデルも選べます
  3. 世界最小アクションカメラ「Insta360 GO」1万円台に大幅値下がり、20グラムの超軽量ボディにジンバル不要の手ぶれ補正や多彩な撮影機能搭載で国内最安値を大きく下回る
  4. 1万円台でCore i7搭載の超小型デスクトップPC復活、超コスパで大人気の1台
  5. 【速報】超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」や1万円台の対抗モデル「Feiyu pocket」相次ぎ大幅値下がり、14周年のBanggood.comが特別セール実施中

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング