ウィルコム初のAndroidスマートフォン「WX04K」は登場間近か

このエントリーをはてなブックマークに追加



ウィルコムが昨年9月に行った秋冬モデル発表会で告知していた、同社初のAndroidスマートフォンに関する情報が明らかになりました。

「W-ZERO3」シリーズで国内スマートフォンの先駆けとなったものの、携帯電話各社の3G対応機種に通信速度で圧倒され、会社更生手続きに端を発した騒動でAndroidスマートフォンブームにも乗り遅れた同社ですが、どのようなモデルとなるのでしょうか。

なお、上記写真は2010年発売の「HYBRID W-ZERO3」です。

詳細は以下の通り。



OET List Exhibits Report

アメリカ連邦通信委員会(FCC)の公式ページによると、京セラは「WX04K(YTMF-1)」という型番の携帯電話端末を日本国内限定でリリースする予定であるそうです。

「WX04K」は型番からウィルコムのPHS端末であると目されますが、公開されたラベルや資料からPHSだけでなく3G通信機能や無線LAN、Bluetoothを備え、GSMにも対応したモデルとなることが判明しており、どうやらこれがウィルコム初のAndroidスマートフォンとなるようです。

公開された「WX04K」の画像。ラベルからUSIMカードスロットおよびmicroSDカードスロットを備えていることが分かります。



ちなみにウィルコムが最後にリリースしたスマートフォンは、OSにマイクロソフトの「Windows Mobile 6.5」を採用した、NTTドコモの3G回線とPHS回線の両方を利用できるシャープ製の「HYBRID W-ZERO3」。


ユーザーに親しまれたQWERTYキーボードを廃し、テンキータイプへと移行した「HYBRID W-ZERO3」ですが、ウィルコム独自開発の通信モジュール内蔵SIMカード「W-SIM」と3GのSIMカードの両方を採用したため、筐体の大型化は免れず、また、同時期に発売されたWindows Mobile 6.5スマートフォン「T-01A」などと比較して、CPUの処理速度が低いという難点がありました。

そしてソフトバンクが新たに親会社となってからは「型落ちとなったソフトバンクモバイルのスマートフォン+通話専用PHS端末のセット」という形でしかスマートフォンを取り扱っていませんでしたが、ウィルコムの強みである「だれとでも定額」と高速な3G回線を兼ね備えたWX04Kの完成度次第では、流れが大きく変わることも期待できそうです。

・次の記事
ウィルコム初のAndroid「DIGNO DUAL WX04K」超速攻レビュー、W-ZERO3ユーザーの悲願を達成か | BUZZAP!(バザップ!)


実は気になる点が多数、「DIGNO DUAL WX04K」を改めて冷静に考え直してみた | BUZZAP!(バザップ!)


「DIGNO DUAL WX04K」も対象、ウィルコムの「3年縛り」が当たり前になるまでの過程を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)


高いのにはわけがある、ウィルコムが「DIGNO DUAL WX04K」のメリットを解説 | BUZZAP!(バザップ!)

WILLCOM W-ZERO3[es]Premium Version ブラック WS007SH(B)P
WILLCOM (2007-04-10)
売り上げランキング: 52788


・関連記事
高まる「WX04K」への期待、早すぎた国産スマートフォン「W-ZERO3」シリーズの歴史を振り返る | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが「PORTUS」発表、下り最大42MbpsのULTRA SPEED対応でモバイルルーターにも | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが「どん引きキャンペーン」を展開へ、基本使用料が3年間980円に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク、在庫処分感が否めない「スマートフォンお試しキャンペーン」を展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加