ソフトバンク、在庫処分感が否めない「スマートフォンお試しキャンペーン」を展開へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクモバイルが安価にスマートフォンを利用できる「スマートフォンお試しキャンペーン」を展開することを発表しました。



ソフトバンク3G携帯電話利用者向け「スマートフォンお試しキャンペーン」、3月1日より開始 | ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社は2012年3月1日(木)から2012年5月31日(木)にかけて、「スマートフォンお試しキャンペーン」を展開するそうです。

これは期間中、ソフトバンクユーザーが3G携帯電話に機種変更し、同時に新規でAndroid搭載スマートフォンを契約した場合、2回線目の新規契約事務手数料とホワイトプランの基本使用料が最大27ヶ月無料で利用可能になるというもの。

加入条件は「ソフトバンク3G携帯電話に機種変更し、2回線目として対象のAndroid搭載スマートフォンを新規契約すること」「2回線目の申し込みと同時に1回線目が1年もしくは2年単位などでの利用が条件となるサービス(ホワイトプランなど)に加入すること」「1回線目と2回線目は同一名義かつ同一請求先とすること」「2回線目はホワイトプランに加入すること」の4つとなっています。

また、対象機種は今後変更になる可能性があるとされていますが、現時点で「シンプルスマートフォン 008Z」「GALAPAGOS 003SH」「GALAPAGOS 005SH」「Vision 007HW」「Libero 003Z」がラインナップされています。

利用シーンをソフトバンクモバイルが提示していないものの、おそらく2回線目を家族などが使うことを想定していると思われる「スマートフォンお試しキャンペーン」ですが、対象となっているスマートフォンが基本的に2010~2011年冬春モデルなどの型落ち品が中心で、比較的新しいものでもエントリーモデル~ミドルレンジの2011年秋モデルなどにとどまっており、在庫処分感が否めないのも事実。

機種変更時に型落ち品のスマートフォンを別途新規契約するのであれば、1回線分の基本使用料で2回線使えるようになる」というキャンペーンだと考えると、分かりやすいかもしれません。

・関連記事
下り最大110Mbpsの業界最速「Softbank 4G」開始へ、5GB超過分は128Kbpsに制限 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクモバイルは「通信の最適化」をすでに実施中、その内容は? | BUZZAP!(バザップ!)

基地局を一気に6718局削減?ソフトバンクモバイルに真相を確かめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加