下り最大110Mbpsの業界最速「Softbank 4G」開始へ、5GB超過分は128Kbpsに制限

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクモバイルが業界最速となる下り最大110Mbpsを実現する「Softbank 4G」を開始することを発表しました。

月額料金が安価になるキャンペーンや、スマートフォンとのセット割引なども導入されています。



業界最速のデータ通信サービス「SoftBank 4G」を提供開始 | ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社は業界最速となる下り最大110Mbpsの高速データ通信サービス「SoftBank 4G」を2012年2月24日(金)から提供開始するそうです。

これはウィルコムが次世代PHSとして開発していた、2.5GHz帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム「XGP」を高度化させた「AXGP」を利用したもの。

対応エリアは2011年度末に札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市および上記周辺都市、2012年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を99%まで拡大する予定。

料金プランは「4Gデータし放題フラット(月額5985円)」が提供され、2012年4月30日(月)までの「4Gデータ通信スタートキャンペーン」期間中に申し込んだ場合は月額4980円となるほか、スマートフォンやタブレットを利用しているユーザーに対しては、4月30日までに契約すると月額3880円となる「スマホセット割」を提供。

スマホセット割の対象となる料金プラン。


なお、2012年10月利用分から、月間5GBを超える通信は自動で送受信最大128kbpsに制限される予定で、2GBの利用ごとに2625円を支払うと、5GBを超えた通信でも制限なく利用できるとされています。

「SoftBank 4G」と「ULTRA SPEED」の2つのエリアで利用可能なモバイルルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」もサービス開始と同時に発売。下り最大76Mbps(下り最大110Mbpsには非対応)、上り最大10Mbpsの高速通信に対応しており、バッテリー駆動時間はモバイルルーターの中では最短に当てはまる約3時間(AXGP)または約3.5時間(W-CDMA)。ただし付属するモバイルバッテリーを組み合わせれば最大9時間駆動が可能です。


同じ2.5GHz帯を利用している下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbpsの「UQ WiMAX」が転送量制限を課していないことや、国内シェアトップのNTTドコモが展開している下り最大37.5Mbps、上り最大12.5MbpsのLTEサービス「Xi」が7GBを超過すると128Kbpsに制限がかかるというサービス内容であることを考えると、「業界最速」であるという部分だけが売りのように見えなくもない同サービス。

今後どのように伸びるのかは未知数ですが、高速通信だけでなく、大容量通信を実現するという点について、もう一頑張りが欲しいところです。

・関連記事
下り最大112MbpsのLTEを展開するイー・モバイル、スマフォ戦略や解約率改善策などを明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

【更新あり】携帯各社が本気で激戦状態、「応援学割」「ともコミ学割」「ホワイト学割」を比較してみた 2012年版 | BUZZAP!(バザップ!)

「iPad 3(仮)」は登場間近か、超高解像度ディスプレイが出荷中と明かされる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加