ウィルコム初のAndroid「DIGNO DUAL WX04K」超速攻レビュー、W-ZERO3ユーザーの悲願を達成か

このエントリーをはてなブックマークに追加



かねてから登場が予見されており、今か今かと待ち焦がれている人も多いであろうウィルコム初のAndroidスマートフォン「DIGNO DUAL WX04K」がいよいよウィルコムの2012年夏モデルとして正式発表されました。



まずは「DIGNO DUAL WX04K」本体のスペック。4インチWVGA(800×480)ディスプレイやルネサステクノロジのデュアルコアアプリケーションプロセッサ「R-Mobile APE5R(1.2GHz)」を搭載し、PHSの音声通話機能に加えて、下り最大21Mbpsの「ULTRA SPEED」に対応。約30万画素前面カメラ、ワンセグ、赤外線通信を備えた防水モデルで、OSのバーションはAndroid 2.3。後ほどAndroid 4.0へのアップデートも提供される予定です。


背面には約500万画素カメラ


microUSB端子やワンセグアンテナを搭載



ざっと触ってみたところ。
DIGNO DUAL WX04Kをざっと触ってみた - YouTube


また、3GとPHSの2つの電話番号を利用した通話が可能。他社携帯電話などへの10分以内の通話が月500回無料になる「だれとでも定額」を利用できるだけでなく、3G回線はソフトバンクモバイルのMVNO扱いとなるため、なんとソフトバンクモバイル本体からMNPを利用して乗り換えることもできます。


DIGNO DUAL WX04KはPHSからも3Gからも発信可能 - YouTube


カラーバリエーションは4色



DIGNO DUAL WX04Kのカラーバリエーションは4色 - YouTube


バッテリーはスマートフォンとしては一般的な容量となる1520mAhです。


1520mAhのバッテリーを備えたDIGNO DUAL WX04K - YouTube


SIMカードおよびmicroSDカードスロット


省電力機能を利用すれば待ち受け時間を大幅に伸ばすことも可能。
待ち受け時間を大きく延ばせるDIGNO DUAL WX04K - YouTube


また、「DIGNO DUAL WX04K」向けの新料金プラン「ウィルコムプランD」も6月21日から開始。利用料金は月額基本使用料980円、WEB接続料315円、3Gパケット定額5460円の月額6555円。期間限定でキャンペーンが実施され、だれとでも定額(月額980円)を追加料金不要で利用可能になります。

ちなみに「ウィルコムプランD」を利用するユーザーに対してはメールアドレスのドメイン名が「@wcm.ne.jp」となり、今までの「willcom.com」「pdx.ne.jp」「**.pdx.ne.jp」の継続利用ができなくなるとのこと。なお、3Gの電話番号については、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の対象となっています。

WILLCOM|話し放題スマートフォン専用料金「ウィルコムプランD」の提供開始について -ウィルコムのスマートフォンで「だれとでも定額」が使えるプラン登場-

Android 4.0へのアップデート対応に加え、下り最大21Mbps通信機能やデュアルコアCPUを備えるなど、なかなか悪くないスペックとなった「DIGNO DUAL WX04K」。ウィルコムのW-ZERO3シリーズのラストを飾った「HYBRID W-ZERO3」があまり快適に動作するモデルでなかっただけに、喜びもひとしおというユーザーもいるのではないでしょうか。

・次の記事
実は気になる点が多数、「DIGNO DUAL WX04K」を改めて冷静に考え直してみた | BUZZAP!(バザップ!)


・関連記事
高まる「WX04K」への期待、早すぎた国産スマートフォン「W-ZERO3」シリーズの歴史を振り返る | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクモバイル・ウィルコムのの2012年夏モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの基地局、18万局の半数近くはフェムトセルを含む小規模なものであることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「新しいiPad」と同方式のLTEを展開へ、パケット定額は月額5985円で7GB制限も | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが「PORTUS」発表、下り最大42MbpsのULTRA SPEED対応でモバイルルーターにも | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが安価に防犯できる「お知らせ窓センサー」発売へ、ただし3年縛りで「もう1台無料」対象外 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加