ソフトバンクが「新しいiPad」と同方式のLTEを展開へ、パケット定額は月額5985円で7GB制限も

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクモバイルがNTTドコモ、イー・モバイルに続いて次世代高速通信「LTE」を展開することを発表しました。



次世代高速データ通信サービスのスマートフォンへの展開について | ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社は2012年秋以降に次世代高速データ通信「LTE」を提供開始するそうです。対応エリアは全国の主要都市から順次拡大予定。

サービスの開始に合わせて、対応スマートフォンやタブレット端末には月額5985円のパケット定額プランが提供され、1ヶ月の通信量が7GBを超えた場合は月末まで通信速度を送受信最大128Kbpsに制限。継続して高速通信を利用したい場合は、NTTドコモ同様、別途2GBごとに2625円の支払いが必要。

なお、同社が新たに展開するLTEサービスはNTTドコモやイー・モバイルと同じ、「FDD-LTE(Frequency Division Duplex Long Term Evolution)」と呼ばれる規格を採用したもので、ソフトバンクモバイル広報部によると2.1GHz帯で展開予定。「新しいiPad」は同規格に対応しているため、あとは周波数帯の問題をクリアすれば、ソフトバンクモバイル版「新しいiPad」でも高速通信を利用可能になるわけです。

ちなみに同社が現在「Softbank 4G」として展開している「AXGP(Advanced eXtended Global Platform)」は「TD-LTE」という規格と互換性を持つもので、現行の「新しいiPad」には対応していませんが、「TD-LTE」は中国やロシアなどの大手携帯電話会社が採用を計画しているため、今後「FDD-LTE」と並んで世界の主流規格となる可能性も考えられます。

つまりソフトバンクモバイルは2つのLTE規格をサポートすることになるわけですが、これはiPhone 4Sの後継機にあたる新型iPhoneも新しいiPad同様、FDD-LTEをサポートする見通しであることを受けたものでしょうか。また、最終的に主流となる規格が「FDD-LTE」「TD-LTE」のどちらとなっても大丈夫なようにする、保険の意味合いもありそうです。

・関連記事
ソフトバンク版「新しいiPad」は「LTE」も「DC-HSDPA」も利用できないことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI版「新しいiPad」が4月以降発売と改めて報道、その生存戦略を考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

まさかの駆動時間1時間台、前代未聞のモバイルルーター「ULTRA WiFi BB SoftBank 101SB」登場 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの「PhotoVision(フォトビジョン)」が基本使用料無料に、契約増にブーストも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加