ソフトバンクにARROWSが電撃参戦、「ARROWS A 101F」を超速攻レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIが「ARROWS Z ISW13F」、NTTドコモが「ARROWS X F-10D」を2012年夏モデルとして発表する中、ソフトバンクモバイルが同社初となる富士通製スマートフォン「ARROWS A 101F」を発表しました。

同時期に発売される兄弟機と比較して仕様が一部異なるものの、十分期待できるモデルとなっています。



まずは「ARROWS A 101F」本体のスペック。HD液晶やクアッドコアCPU「Tegra 3」を搭載した兄弟機と異なり、4.3インチQHD(960×540)有機ELディスプレイやクアルコムの第4世代Snapdragonプロセッサ「MSM8960(1.5GHz)」を搭載し、下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」に対応。約130万画素前面カメラやワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信を備えた防水・防塵モデルで、OSのバーションがAndroid 4.0である点などは同じです。


背面には暗いところでも撮影できる裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」採用の約1310万画素カメラや、指定した人物に関するメールや連絡先、発着信情報やギャラリー・ブックマークを非表示にできる「プライバシーモード」に対応した「スマート指紋センサー」を搭載しています。


「ARROWS A 101F」の外観はこんな感じ。
「ARROWS A 101F」外観 - YouTube


兄弟機がクアッドコアCPU「Tegra 3」を搭載しているのに対し、「ARROWS A 101F」はデュアルコアCPUを搭載しているわけですが、実際に操作してみると思いのほかキビキビ動く印象に。触っただけで本体が熱いと分かったNTTドコモ版とは異なり、本体も熱くなく、非常にバランスが良い印象を受けました。

思った以上にキビキビ動くARROWS A 101F - YouTube


・関連記事
ソフトバンクモバイルの2012年夏モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの基地局、18万局の半数近くはフェムトセルを含む小規模なものであることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「新しいiPad」と同方式のLTEを展開へ、パケット定額は月額5985円で7GB制限も | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが「PORTUS」発表、下り最大42MbpsのULTRA SPEED対応でモバイルルーターにも | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが安価に防犯できる「お知らせ窓センサー」発売へ、ただし3年縛りで「もう1台無料」対象外 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加