「ARROWS Z ISW13F」速攻フォトレビュー、初の4コアCPUを搭載した全部入りモデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIが本日発表した2012年夏モデルから、「ARROWS Z ISW13F」のフォトレビューをお届けします。

国内初となる4コアCPUを搭載したほか、前モデルの弱点を克服した上で新たな機能を盛り込んでいます。



「ARROWS Z ISW13F」本体。約4.6インチHDディスプレイ、NVIDIAのクアッドコアCPU「Tegra 3(1.5GHz)」、約130万画素前面カメラを搭載し、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信に対応した防水・防塵モデルで、OSのバーションはAndroid 4.0に。


背面には暗いところでも撮影できる裏面照射型CMOSセンサー「Exmor」採用の約1313万画素カメラを搭載


バッテリー容量は前モデル「ARROWS Z ISW11F」よりも多く、スマートフォンとしては大きめとなる1800mAhに。


上部にmicroUSBおよびヘッドホン端子があります。


ディスプレイは液晶部分とガラスのすき間を無くしたことで乱反射を抑え、有機ELに近いクオリティを実現。



スペックシート


ソニック・ザ・ヘッジホッグなどがプリインストールされています。


また、背面には「スマート指紋センサー」を搭載。指定した人物に関するメールや連絡先、発着信情報やギャラリー・ブックマークを非表示にできる「プライバシーモード」を利用することができます。





・動画レビュー記事
ぬるぬる動作を目指す「ARROWS Z ISW13F」ムービーレビュー、指紋認証でプライバシー対策も | BUZZAP!(バザップ!)


・関連記事
安易に基地局を増やすだけでは不可能、「つながるau」を実現するための取り組みをKDDIが解説 | BUZZAP!(バザップ!)

知られざる「au Wi-Fi SPOT」の優れた機能が判明、干渉対策や電波が届く仕組みも | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI陣営が2012年4月度の純増数トップに、ソフトバンク陣営の猛攻をかわす | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G徹底比較、本当に選ぶべきは「業界最速」ではない | BUZZAP!(バザップ!)

WiMAX対応の高性能スマフォ「HTC EVO 3D(ISW12HT)」が処分価格で販売中、新規契約や機種変更も破格に | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが「電波サポート24」を開始、24時間以内に電波改善要求に対応へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加