ついに下り最大110Mbpsを実現した「ULTRA WiFi 4G 102HW」など、Softbank 4G対応ルーター2機種が発表

このエントリーをはてなブックマークに追加



今年2月にソフトバンクモバイルがサービスインした高速通信サービス「Softbank 4G」。

規格上は下り最大110Mbpsを実現しているにもかかわらず、初の対応モバイルルーター「101SI」は下り最大76Mbpsをサポートするのみとなっていましたが、同社の2012年夏モデルとして新たに下り最大110Mbps通信に対応した「ULTRA WiFi 4G 102HW」をはじめ、計2機種が発表されました。前モデルで問題となっていた駆動時間の短さも解消されています。



「ULTRA WiFi 4G 102HW」本体。下り最大110Mbps、上り最大10Mbpsの「Softbank 4G」ならびに下り最大42Mbps、上り最大5.7Mbpsの「ULTRA SPEED」の両方に対応。3000mAhの大容量バッテリーを備え、前モデルの倍以上となる7.5時間(3Gでは8時間)通信が可能。ソフトバンクWi-Fiスポットにも対応しており、9月以降発売予定です。


「ULTRA WiFi 4G 102Z」本体。「101SI」同様、下り最大76Mbps、上り最大10Mbpsの「Softbank 4G」ならびに下り最大42Mbps、上り最大5.7Mbpsの「ULTRA SPEED」の両方に対応。「102HW」には引けを取るものの、2800mAhのバッテリーを備え、ソフトバンクWi-Fiスポットにも対応しており、8月以降発売予定です。


・関連記事
UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G徹底比較、本当に選ぶべきは「業界最速」ではない | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクモバイルの2012年夏モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの基地局、18万局の半数近くはフェムトセルを含む小規模なものであることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「新しいiPad」と同方式のLTEを展開へ、パケット定額は月額5985円で7GB制限も | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが「PORTUS」発表、下り最大42MbpsのULTRA SPEED対応でモバイルルーターにも | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが安価に防犯できる「お知らせ窓センサー」発売へ、ただし3年縛りで「もう1台無料」対象外 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加