Googleが1万円台のタブレット端末を発売か、iPadやKindleに対抗へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマートフォン市場で多くのシェアを獲得したものの、タブレット市場ではAppleに大きく水をあけられているGoogleが、自らタブレット端末の発売に乗り出す可能性があることが明らかになりました。



Google 7-inch tablet PCs to bring price-cut pressure on other vendors

AcerやASUS、HTCといったスマートフォンおよびタブレットメーカーを多く抱える台湾のIT系ニュースサイト「DIGITIMES」によると、Googleが5~6月ごろに安価なタブレット端末を発売することを業界関係者が明かしたそうです。

これは「Eee Pad Transformer」でおなじみのASUSと協力してリリースするもので、7インチのディスプレイを搭載。


気になる価格はAmazonのタブレット端末「Kindle Fire」の新モデルが2012年第三四半期に199~299ドル(約1万6500円~約2万4800円)程度の価格でリリースされるとみられることを受けて、199ドル(約1万6500円)程度になるとのこと。

また、台湾の部品メーカーの利益が減ることにつながるものの、AcerやLenovo、Samsungといったメーカーに対するタブレット端末の価格引き下げにつながることも期待されています。

なお、Googleは2012年第2四半期(4~6月)に最新バージョンとなる「Android 5.0(Jelly bean)」をリリースする見通しであるため、メーカーと提携してリリースしている最新のAndroidを採用したスマートフォン「NEXUS」シリーズのタブレット版という位置付けになると考えられます。

低価格に加えて、初心者でも簡単に扱える操作性を導入するのであれば、Androidタブレット市場の活性化につながりそうですが、はたして実現するのでしょうか。続報が待たれます。

・関連記事
NTTドコモが18機種をAndroid 4.0にアップデートへ、シングルコアCPUモデルは対象外に | BUZZAP!(バザップ!)

Appleのマルチタッチ特許が無効と判断、AndroidやWindows Phoneへの甚大な影響は回避か | BUZZAP!(バザップ!)

富士通初の4コアCPU「Tegra 3」を搭載したスマートフォンの詳細が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

早くも「Android 5.0(Jelly bean)」登場か、関係者が明かす | BUZZAP!(バザップ!)

世界初の4コアCPU「Tegra 3」搭載の「Eee Pad TF201」発売へ、Android 4.0アップデートも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加