NTTドコモが18機種をAndroid 4.0にアップデートへ、シングルコアCPUモデルは対象外に

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモがAndroid 4.0へのアップデート予定を公開しました。



ドコモからのお知らせ : 「docomo with series」「docomo NEXT series」「ドコモ タブレット」(18機種)の Android4.0へのバージョンアップについて | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモの告知ページによると、同社が2012年7月以降に順次Android 4.0アップデートを提供する予定なのは以下の18機種。アップデートによってWEBページの表示がさらに高速になるほか、タブブラウジング対応やオフラインでもWEBページを閲覧可能なページコピー保存機能に対応。

さらに高速で安全なAndroid版Chrome「Chrome Beta」を利用可能になるとのこと。また、スライドロック中でもワンタッチでカメラを起動でき、すぐに写真・動画の撮影が可能になります。

【docomo with series】
・REGZA Phone T-01D
・AQUOS PHONE SH-01D
・LUMIX Phone P-02D
・PRADA phone by LG L-02D
・MEDIAS ES N-05D
・Xperia acro HD SO-03D

【docomo NEXT series】
・GALAXY S II SC-02C
・GALAXY S II LTE SC-03D
・Optimus LTE L-01D
・ARROWS X LTE F-05D
・MEDIAS LTE N-04D
・Xperia NX SO-02D
・P-04D
・AQUOS PHONE SH-06D/SH-06D NERV

【ドコモ タブレット】
・GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
・ARROWS Tab LTE F-01D
・GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D
・MEDIAS TAB N-06D

また、「Disney Mobile on docomo F-08D」「Disney Mobile on docomo P-05D」「F-12C」「Xperia PLAY SO-01D」「Xperia ray SO-03C」「Xperia acro SO-02C」「Xperia arc SO-01C」の7機種はバージョンアップを検討中。

昨年発売のXperiaシリーズが検討中ではあるものの、基本的にシングルコアCPUモデルは対象外となった今回のAndroid 4.0アップデートですが、やはり処理速度との兼ね合いという側面が強いのでしょうか。

Androidのアップデートに際して、障害となることが懸念されていた「ワンセグ」や「おサイフケータイ」「赤外線通信」といった国内向け機能ですが、それらの機能を含んだモデルもアップデート対象となっているため、今後の国内向けスマートフォンの展望についても期待が持てそうです。

・関連記事
シャープがスマートフォンのAndroid 4.0アップデートを提供へ、現在発売中のモデルも対象に | BUZZAP!(バザップ!)

ついに初のAndroid 4.0搭載Xperia登場、その名も「Xperia neo L」 | BUZZAP!(バザップ!)

Appleのマルチタッチ特許が無効と判断、AndroidやWindows Phoneへの甚大な影響は回避か | BUZZAP!(バザップ!)

「Galaxy S III」はフルHD液晶搭載か、スペック情報が流出 | BUZZAP!(バザップ!)

4コアCPU「Tegra 3」搭載スマートフォンが一挙発表、Blu-ray品質の動画再生も可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加