ついに初のAndroid 4.0搭載Xperia登場、その名も「Xperia neo L」

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニーが同社初となるAndroid 4.0搭載スマートフォン「Xperia neo L」を発表しました。

詳細は以下から。



Xperia neo L MT25i - 索尼XPERIA智能手机(中国)


ソニー・モバイルコミュニケーションズの中国法人の公式ページによると、同社は初のAndroid 4.0を採用したXperia「Xperia neo L MT25i」を中国向けに発売するそうです。

「Xperia neo L」本体。第2世代Snapdragonプロセッサ(1GHz、シングルコア)を採用し、4インチのフルワイドVGA(854×480)ディスプレイ、720pの動画撮影が可能な500万画素カメラなどを搭載。SMSなどを横断できる「Timescape」やスピーカーの音質を向上させる「xLoud」などの技術を採用しています。


CPUの世代を鑑みると、昨年発売された「Xperia arc」「Xperia acro」「Xperia ray」などとほぼ変わらないモデルとなるため、今さら国内投入されるとは考えづらい「Xperia neo L」。

しかしAndroid 4.0を採用した上でXperiaシリーズならではの「Timescape」を採用できているため、今後のAndroid 4.0対応Xperiaシリーズの展開に期待が寄せられます。

・関連記事
ソニーがLTE対応の新型Xperiaを国内発売へ、「Xperia ION」とは別物に | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが第2世代の新型「Sony Tablet」開発中か、NVIDIAの「Tegra 3」搭載も | BUZZAP!(バザップ!)

ソニエリが新型スマートフォン「Xperia P」「Xperia U」を発表 | BUZZAP!(バザップ!)

早くも「Android 5.0(Jelly bean)」登場か、関係者が明かす | BUZZAP!(バザップ!)

シャープがスマートフォンのAndroid 4.0アップデートを提供へ、現在発売中のモデルも対象に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加