4コアCPU「Tegra 3」搭載スマートフォンが一挙発表、Blu-ray品質の動画再生も可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



NVIDIAの次世代モバイル向けCPU「Tegra 3」を搭載したスマートフォンが一挙に発表されました。Blu-rayクオリティの動画再生も可能になるという、とんでもないスペックを実現しています。

詳細は以下の通り。



NVIDIAのプレスリリースによると、スペインのバルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2012」において、同社のモバイル向けクアッドコアプロセッサ「Tegra 3」を搭載したスマートフォンが、一挙に発表されたそうです。

発表されたのは富士通の「Ultra High Spec Smartphone」や「HTC One X」「LG Optimus 4X HD」「ZTE Era」「K-Touch Treasure V8」の5機種。

Tegra 3は最高1.5GHzで動作する4つのコアに加えて、別途消費電力などを管理する専用のコアを備えた4+1コアのCPUおよび3D立体視もサポートした12コアのGPUで構成。高いパフォーマンスと超低消費電力を兼ね備えているのが大きな特徴。

現在さまざまなタブレットやスマートフォンに採用されている「Tegra 2」と比較して、最大5倍のパフォーマンスを得られるとされており、Blu-rayディスクのビットレート(36Mbps)とほぼ同じ、40Mbpsの1080pハイプロファイル・ビデオ再生をサポート。

今回発表された5機種すべてがバッテリー寿命を延ばしつつ、超高速のウェブブラウジング、クオリティの高いゲーム、究極のマルチタスクを実現しているとされています。

傷に強いゴリラガラス採用の4.7インチのHD(1280×720)液晶、0.7秒駆動が可能な800万画素カメラなどを備えた「HTC One X」


4.6インチのディスプレイや1310万画素カメラ、指紋センサーを搭載した防水・防塵タイプの「Ultra High Spec Smartphone」は富士通製。


4.7インチのHD(1280×720)IPS液晶、裏面照射型CMOSセンサー採用の800万画素カメラなどを備えた「LG Optimus 4X HD」


4.3インチQHD(960×540)液晶を搭載し、7.8mmの薄さを実現した「ZTE Era」


「K-Touch Treasure V8」


・関連記事
ソニエリが新型スマートフォン「Xperia P」「Xperia U」を発表 | BUZZAP!(バザップ!)

富士通初の4コアCPU「Tegra 3」を搭載したスマートフォンの詳細が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

早くも「Android 5.0(Jelly bean)」登場か、関係者が明かす | BUZZAP!(バザップ!)

シャープがスマートフォンのAndroid 4.0アップデートを提供へ、現在発売中のモデルも対象に | BUZZAP!(バザップ!)

Android 4.1採用の「CloudMobile」と呼ばれるハイスペックなスマートフォンをAcerが発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加