ソニーが「Xperia GX」「Xperia SX」正式発表、LTE対応の日本向けモデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモの2012年夏モデル発表会を前に、ソニーが「Xperia GX」「Xperia SX」を正式発表しました。



ニュース&トピックス | 会社情報 | ソニーモバイルコミュニケーションズ

ソニーモバイルコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社は2012年夏以降に日本市場向けに「Xperia GX」「Xperia SX」を投入するそうです。

いずれのモデルも下り最大75Mbpsの次世代高速通信「LTE」に対応し、最新のAndroid 4.0と1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載したほか、Xperiaシリーズでおなじみの「クリアブラックパネル」や「モバイルブラビアエンジン」を採用した「Reality Display」を搭載することで、鮮やかな色彩でノイズを抑えて美しい映像表現が可能。

さらに暗いところでもキレイに撮影できる裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」やテレビ専用のユーザーインターフェース「TV launcher」、そしてソニーの音楽体験を結集した「WALKMAN」アプリケーションは、クリアオーディオテクノロジーやバーチャルサラウンド技術(VPT)などこだわりの音質に加え、再生中の音楽を独自に解析しさまざまなイメージで画面を彩ることができるVisualizerや、Facebookの友達がすすめる楽曲一覧を自動で生成する機能などが特徴。

「Xperia GX」は、約4.6インチのHD(1280×720)「Reality Display」を備え、おサイフケータイにも対応。「Xperia arc」で好評だったアーク形状を採用し、最薄部約8.6mmのスリムなボディラインとマットな質感で、手に吸い付くような触り心地と持ちやすさを実現。


「Xperia SX」は、LTEに対応したスマートフォンとしては世界最軽量となる重さ約95グラムと、薄さ約9.4mmのボディに、赤外線通信やおサイフケータイ、ワンセグなどを搭載。


・関連記事
わずか数ヶ月で黒歴史認定か、「Galaxy Nexus」「Xperia NX」などがNTTドコモ公式ページから消滅 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモ、2012年夏モデル発表会を5月16日に開催へ | BUZZAP!(バザップ!)

LTE対応の「Xperia GX」や4コアの「ARROWS X」など、NTTドコモの2012年夏モデルとされる情報がリーク | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがauの2012年夏モデルを発表へ、「HTC J ISW13HT」に続いて | BUZZAP!(バザップ!)

またしてもNTTドコモがiPhone導入について「現状だとなかなか厳しい」と回答 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーがLTE対応の新型Xperiaを国内発売へ、「Xperia ION」とは別物に | BUZZAP!(バザップ!)

スマートフォンに山盛りのプリインストールアプリ、今後減る可能性があることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

エヴァスマートフォンこと「SH-06D NERV」の詳細が明らかに、カラー制作の3D映像も収録 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加