伝説的なパーソナルコンピュータ、コモドール64を大胆に使用したベースギター型シンセサイザー

このエントリーをはてなブックマークに追加



ここまで来るとどれが主役なのか分かりませんが、あのコモドール64を大胆にボディに使用したベースギターでありシンセサイザーでもある楽器が登場です。

Jeri Ellsworth & Her Commodore 64 Bass Guitar Thing ≫ Synthtopia

1982年に発売され、単一機種で最も販売台数の多いパーソナルコンピュータとして知られるコモドール64。現在も欧米を中心にファンは多く、内蔵されたSID音源はチップチューン作成の際に頻繁に利用されています。

この「Commodore 64 Bass Guitar」ももちろんそのSID音源を使用。弦を弾いてもキーボードを叩いても音が出ます。また、右側のファンクションキーを押すことで弦とキーボードの音色を変更することも可能となるなど、かなりの作りこみです。


これを作成したのはワシントン州ベルビュー在住でエンジニアのJeri Ellsworth氏。



インタビューと実演は以下の動画の0:40~5:40にて。かなりレトロで面白い音を出しており、弾いている姿もいい感じ。

Watch live streaming video from makelive at livestream.com


DTMというとステージ上で微動だにせずMac Book Proをポチポチといじっている姿を想像してしまいますが、これは新たなパフォーマンスの可能性と言えるのではないでしょうか。

・関連記事
レディオヘッドの名盤『OK コンピューター』と『キッド A』をファミコン風8ビット・サウンドで楽しむ BUZZAP!(バザップ!)

ザ・スミスの「ディス チャーミング マン」をスーパーマリオブラザーズのチップチューンにリミックス BUZZAP!(バザップ!)

25歳以下で最もセクシーな女性ミュージシャン25人 BUZZAP!(バザップ!)
弦がなく、iPadを使うようにタッチで音を出せるデジタルギター「Digitar」 BUZZAP!(バザップ!)

音楽を奏でるレーザー演奏装置「スコアライト(score light)」がヴァージョンアップしてすごい声で歌う不思議生命体に BUZZAP!(バザップ!)

ものを食べると音の出るフォーク型の楽器「EaThermine」が謎すぎる BUZZAP!(バザップ!)

ありとあらゆる物体の表面を楽器に変えてしまう装置「MOGEES」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加