生まれて間もなく母親と引き離された子グマ「アルド」がとても愛くるしい

このエントリーをはてなブックマークに追加



人間の手によって母親から引き離されたとされる子グマ「アルド」の写真です。ふびんに思える境遇ではありますが、その見た目はとても愛くるしく、思わず触ってみたくなるほどです。



Stolen bear cub is given a new home | The Sun |News

イギリスの大衆紙「The Sun」の報道によると、アメリカに住む若者のカップルが生後2ヶ月のアメリカクロクマの赤ちゃんをペットとして飼うために森で盗み、家に持ち帰ったそうです。しかし、持ち帰られたクマの赤ちゃんを見た若者の家族は「育てられない」と判断し、オレゴン州にある野生動物リハビリセンターに支援を要請。

同センターは親がいないアメリカライオンの赤ちゃん75頭を育て、新たな住まいとなる動物園を見つけたことで知られる動物園の飼育係、Michelle Schiremanさんにケアを依頼したところ、このたび無事にウィスコンシン州の動物園が新たな住まいとなることが決定したとされています。

「アルド」と名付けられた子グマ。ビーバーのぬいぐるみで遊んでいます。


愛くるしい見た目ですが、手足のツメを見ると子どもであっても立派なクマだということがよく分かります。


カメラへ向かってくるかのように見えるアルド。ちなみにこの時点では重さ4ポンド(約1.8kg)しかありませんが、アメリカクロクマは6フィート(約1.83メートル)、600ポンド(約272kg)程度に成長するため、個人がおいそれとペットとして飼えるような動物ではありません。




アルドの写真は以下から。なお、以下のサイトではアルドについて、「森で母親から育児遺棄されていたところを若者が保護した」と紹介されています。

Aldo the Cuddliest Bear Cub: New Guest at Oregon Zoo | Baby Animal Zoo

・関連記事
「しろくまカフェ」の無期限休載が決定、原作者無視のアニメ化が原因か | BUZZAP!(バザップ!)

イタリアのシンクロ子猫5兄弟がキュン死間違いなしのかわゆさ | BUZZAP!(バザップ!)

「猿にテクノミュージックは作れるのか?」を本当に実験してしまった映像 | BUZZAP!(バザップ!)

【スクープ】猫も立ちションをすることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ペンギンや馬など、見慣れない服を着た動物10連発 | BUZZAP!(バザップ!)

【可愛過ぎ注意】パンダにしか見えない犬10匹 | BUZZAP!(バザップ!)

ロシアさんが作ったあまりにも合理的な猫専用エレベーター | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加