「携帯電話の中途解約時に発生する違約金は違法」という判決が下る



多くの携帯電話会社が割引の対価として、2年以内に解約すると9975円の違約金を課すプランを展開している中、違約金は違法という判決が下りました。



au解約金訴訟、契約条項の違法性認める : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

読売新聞社の報道によると、KDDIが提供する携帯電話契約の割引プランにおいて、「中途解約すると解約金約1万円が請求される」という契約条項が消費者契約法に違反し無効とする消費者団体訴訟の判決が京都地裁で下ったそうです。

これはNPO法人「京都消費者契約ネットワーク」が同契約条項の使用差し止めなどを求めたもので、佐藤明裁判長は条項について「消費者の利益を一方的に害するもの」として違法性を認め、条項の使用差し止めを命じ、解約金の一部についても返還するよう命じたとのこと。

携帯電話の中途解約時の違約金が違法であると認められるのは初めてのことで、同地裁は今年3月にNTTドコモを相手取って行われた同種訴訟において、今年3月に「条項は有効」と判じています。

今回問題となったKDDIの割引プランは「誰でも割」であると思われますが、NTTドコモも同様の「ひとりでも割50」を提供するなど、同種のプランは携帯電話各社が提供しているのが現状。今回の判決は今後携帯電話各社の割引プランに影響を与えるのでしょうか。

・次の記事
携帯電話業界激震の「解約金違法」判決、解約金撤廃などはあるのかをKDDIに聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
ウィルコムが「もう1台無料キャンペーン」への3年縛りを撤回、契約解除料などが不要に | BUZZAP!(バザップ!)

「DIGNO DUAL WX04K」も対象、ウィルコムの「3年縛り」が当たり前になるまでの過程を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G徹底比較、本当に選ぶべきは「業界最速」ではない | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング