ウィルコムが「もう1台無料キャンペーン」への3年縛りを撤回、契約解除料などが不要に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ウィルコムが1台契約すると2台目、3台目の基本使用料が無料になる「もう1台無料キャンペーン」の提供条件を改定しました。今年4月から導入されていた3年縛りが撤回された形となっています。



WILLCOM|「もう1台無料キャンペーン」の条件変更について 2012年7月1日以降、副回線の新規契約事務手数料、契約解除手数料を無料に

ウィルコムのプレスリリースによると、同社は「もう1台無料キャンペーン」で契約した2、3台目の新規契約事務手数料、契約解除手数料を本日7月1日(日)から無料にしたそうです。

「もう1台無料キャンペーン」は2011年1月に導入された、1台契約すると2台目の「新ウィルコム定額プランS」の月額料金が無料になるキャンペーンで、同年5月には2台目だけでなく3台目も無料で利用できるようになるよう提供条件を改定。

新規契約事務手数料無料、2台目、3台目はいつでも自由に解約可能」という、気軽に2台目以降を契約できる内容であったため、他社携帯電話などへの10分以内の通話が月500回無料になる「だれとでも定額」と合わせて、純減が続いていたウィルコムの加入者回復の原動力となっていました。

「もう1台無料キャンペーン」の適用例。3人家族で父親が主回線となった場合、母親と子どもの新規契約定数料や基本使用料が無料になります。


しかし今年4月から提供条件が変更され、2台目・3台目については新規契約手数料に加えて、3年以内に解約すると初年度4200円、2年目以降2100円の「年間契約解除手数料」に加え、料金コースの解除手数料として5775円が発生する「3年縛り」を導入。

これにより月額料金が無料だからといって2台目・3台目を気軽に申し込むと、解約時に困りかねないことになっていたわけですが、今回の改定により、その心配は無くなったことになります。

・関連記事
「DIGNO DUAL WX04K」も対象、ウィルコムの「3年縛り」が当たり前になるまでの過程を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

高いのにはわけがある、ウィルコムが「DIGNO DUAL WX04K」のメリットを解説 | BUZZAP!(バザップ!)

実は気になる点が多数、「DIGNO DUAL WX04K」を改めて冷静に考え直してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコム初のAndroid「DIGNO DUAL WX04K」超速攻レビュー、W-ZERO3ユーザーの悲願を達成か | BUZZAP!(バザップ!)

高まる「WX04K」への期待、早すぎた国産スマートフォン「W-ZERO3」シリーズの歴史を振り返る | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加