「Xperia arc」「Xperia acro」「Xperia PLAY」などのAndroid 4.0アップデート見送り決定



NTTドコモが2012年7月以降、18機種に対してAndroid 4.0アップデートを提供することを3月に告知していましたが、「検討中」とされていた7機種についてのバージョンアップに関する告知が行われ、2011年に発売された「Xperia」シリーズが対象外となったことが明らかになりました。



ドコモからのお知らせ : 【3機種追加のお知らせ】「docomo with series」「docomo NEXT series」の AndroidTM4.0へのバージョンアップについて | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモのプレスリリースによると、同社は8月以降、新たに以下の3機種に対してAndroid 4.0へのアップデートを順次提供するそうです。

【docomo with series】
・Disney Mobile on docomo F-08D
・Disney Mobile on docomo P-05D

【docomo NEXT series】
・GALAXY Note SC-05D
 

【バージョンアップ開始時期】
・2012年8月以降順次(予定)

また、その一方で「Android 4.0へのバージョンアップを検討中」とされていた以下のモデルについては、メモリ不足で十分な性能が確保できない可能性があるとして、見送りが表明されています。

・「F-12C」
・「XperiaTM PLAY SO-01D」
・「XperiaTM ray SO-03C」
・「XperiaTM acro SO-02C」
・「XperiaTM arc SO-01C」


ちなみに今回のNTTドコモの告知と、2012年夏モデルとしてソフトバンクモバイルから登場した「PANTONE 5 107SH」がシングルコアCPUモデルでありながらAndroid 4.0を搭載していたことを合わせて考えると、Android 4.0へのアップデートで重要であったのは、CPUよりもメモリであったことが分かります。

・関連記事
後悔しないスマートフォンの選び方 2012年夏モデル編 | BUZZAP!(バザップ!)

わずか数ヶ月で黒歴史認定か、「Galaxy Nexus」「Xperia NX」などがNTTドコモ公式ページから消滅 | BUZZAP!(バザップ!)

シャープがスマートフォンのAndroid 4.0アップデートを提供へ、現在発売中のモデルも対象に | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが安価なパケット定額「Xiパケ・ホーダイ ライト」導入へ、ただし3GB制限超過で128kbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

スマートフォンでmicroSDXCカードを利用するとデータ破損も、NTTドコモが注意喚起 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング